トリノグルメ・料理ガイド

トリノグルメガイド

トリノのグルメ・伝統料理

サヴォイア王家の遺産と共に有名なのが、この町のグルメ。今日本でもブームになっている、アンチョビとニンニクの効いたソースにいろいろな野菜を付けて食べるバーニャ・カウダは、真っ先に挙げられる伝統料理。セコンドには、肉類に野菜、果物とあらゆるものをフライにしたフリット・ミストや、同様に肉類、野菜を茹でたボッリート・ミストがあり、これはソースを付けていただく。プリモならラヴィオリ風のアニョロッティだ。(2015年編集部調べ)


トリノのレストラン・屋台

イタリアンと言えば、肉も魚も野菜も、シンプルにグリルや煮込んだ料理を出す店が多いが、トリノ料理は一風変わっている。フランス風、スイス風と思える料理も歴史的、地理的条件で育まれたものだ。ピエモンテ州はワインの名産地だけあって、ワインを使ったプリモやセコンドも多く、近郊で収穫される世界三大珍味の香り高いトリュフも味わってみたい。そしてチョコレートの本場トリノだからこそ、食事の最後は必ず美味しいチョコレートのドルチェで締めくくろう。

トリノの水・お酒

水道水は塩化物と硫酸塩の濃度が高いとされ、煮沸では取り除けない永久硬水。市販のミネラルウォーターの中ではレヴィッスィマが軟水で、日本人に合うようだ。お酒類はバールやスーパーで購入でき、買う際のルールはない。この町に来たらワインを飲まない手はない。世界に誇るワインの産地で、数知れない銘柄のワインがある中、最高級とされるのがバローロやバルバレスコの赤。価格はかなりいいが、共に濃厚な味わいが肉料理に最高だ。


現地ガイド発!トリノのグルメ・料理最新情報

2015/02/20 グルメ

トリノの名物ドリンク「ビチェリン」でひと休み

トリノ旅行イメージ-左の黒いドリンクがトリノ名物の「ビチェリン」、右は一緒に注文した「ザバイオーネ」です。どちらも大人向けのドリンクでザバイオーネは栄養価も高いです。2人で訪問したら味比べしてみましょう。 左の黒いドリンクがトリノ名物の「ビチェリン」、右は一緒に注文した「ザバイオーネ」です。どちらも大人向けのドリンクでザバイオーネは栄養価も高いです。2人で訪問したら味比べしてみましょう。

北から南に細長いイタリアは都市ごとに異なる文化や生活習慣が育まれてきました。観光3大都市のローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアを見ただけでも、まったく異なる顔を持っていることがよく分かるでしょう。個性豊かな美しい町は旅行する者を飽きさせることなく、いつも新鮮な感動や発見を与えてくれるます。当然、食文化の違いもイタリア旅行での大きな楽しみの1つ。アルプス山脈を挟んでスイスやフランスに接するトリノも独自の食文化を持っていて大変興味深いです。今回はトリノの名物ドリンク「ビチェリン」を紹介します。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


トリノグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるトリノの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
トリノのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!