ウルビーノ旅行・ウルビーノ観光徹底ガイド

ウルビーノ旅行・ウルビーノ観光徹底ガイド

ウルビーノ旅行・観光の見どころ・観光情報

イタリア中部マルケ州の山間部にあるウルビーノは、ルネサンスの大画家ラファエロの出生地として知られるように、かつては芸術の中心地として栄えた町だ。城壁に囲まれた旧市街地は、世界遺産に登録されており、当時の面影を残している。この地を統治していたモンテフェルト家により保護されていた画家たちの作品を見られる名所が、急な坂道が交差する小さな町に点在している。特におすすめなのは、モンテフェルト家の名君フェデリーコが建て、居住していたドゥカーレ宮殿だ。現在は国立マルケ美術館として一般公開されており、宮廷内や庭園だけでなく、ラファエロやピエロ・デラ・フランチェスカの名画を鑑賞できる。(2016年9月編集部調べ)

ウルビーノへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/24現在) フライト時間 現地との時差
イタリア語 EUR 1 EUR = 125.2700 JPY 約12時間 約-7時間

ウルビーノの人気問合せ情報

ウルビーノの最安値カレンダー

ウルビーノ旅行・観光の選び方

イタリア中部の町を周遊して芸術を満喫! ウルビーノでルネサンスの至宝を鑑賞

フィレンツェやペルージャなどの観光都市とともにウルビーノを観光する、ツアー期間が8日間ほどの周遊型ツアーが主流となる。これらの都市間のアクセスは公共交通機関だと必ずしも快適とは言えないが、移動付きのツアーなら時間を気にせずに楽。世界遺産のウルビーノの町歩きをゆっくり堪能できる。名画が揃う国立マルケ美術館、代表作「聖母子像」があるラファエロの生家はもちろん、サリンベリーニ兄弟のフレスコ画で有名なサン・ジョバンニ礼拝堂も訪れたい。ふんだんにチーズを使った独特な形状のパスタ「パッサテッリ」や、特産ワインの「ロッソ・コーネロ」も外せない。(2016年9月編集部調べ)


ウルビーノのグルメ・伝統料理

ウルビーノ旧市街にはレストラン以外にも、バールやピッツェリアなど食事ができる店が数多くある。伝統料理「パッサテッリ」は、ほうれん草や牛フィレ肉が入ったスープ風パスタで、熱々のスープパスタにパルミジャーノ・チーズをたっぷりかけていただく。また、手軽に食べられるストリート・フード「クレーシャ」をはじめ、グルメ垂涎の特産のトリュフ、赤ワインのロッソ・コーネロやグラッパなど、ここで味わってこそ価値がある郷土料理の数々をぜひお見逃しなく。 (2015年編集部調べ)

ウルビーノのショッピング情報

中世の小さな町ウルビーノでショッピングを楽しむコツは、ブランド品よりもこの土地でしか手に入らない品を探すこと。特産のトリュフ、ワイン、グラッパなどグルメを唸らす名産品をそろえた食材店や、手頃で可愛いアイテムがそろっているお土産屋は、ラファエロ通り、レプッブリカ広場、リナシメント広場周辺に並んでいる。地元の伝統工芸である素朴でカラフルな陶器や、アーティストの工房兼ショップで一点ものの品を探すのもいい。芸術の街ウルビーノならではの、買い物の醍醐味を味わおう。 (2015年編集部調べ)

ウルビーノの気温・降水量ベストシーズン情報

天気が安定している5〜10月初旬がベストシーズン。2〜4月中旬、10月中旬〜12月中旬は雨が多く、また冬期は強い北風にさらされるため非常に寒い。高台に位置するため夏でも涼しく、重ね着など気候によって調整できる服装が望ましい。 (2015年編集部調べ)

ウルビーノの人気ツアー

ウルビーノ旅行・ウルビーノ観光徹底ガイド

3件ヒットしました (1旅行会社 27.08〜58.08万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
58.08
 

旅行代金: 56.20

燃油目安燃: 1.88

8日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
アリタリア‐イタリア航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ワールドビュウ

人気度

合算燃
目安
27.08
29.08

旅行代金: 25.20〜 27.20

燃油目安燃: 1.88

8日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
アリタリア‐イタリア航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ワールドビュウ

人気度

合算燃
目安
40.08
42.08

旅行代金: 38.20〜 40.20

燃油目安燃: 1.88

8日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
アリタリア‐イタリア航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ワールドビュウ

3件ヒットしました (1旅行会社 27.08〜58.08万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top