水の都ベネチアのお祭り

イタリアのベネチアのニックネームは水の都。その名のとおり、運河が巡らされたベネチア本島には車の乗り入れができず、主な交通手段は船です。公共交通機関は「ヴァポレット」という水上バスですし、パトカーもタクシーもボートです。また、観光用のゴンドラも有名ですね。そんな水の都ならではのお祭りが、毎年9月第1日曜日に行われます。その名も「レガッタ・ストーリカ」。ゴンドラのレースです。当日は、ベネチア中のゴンドラが集結したのでは、と思われるほどにぎやかです。ですが、よくゴンドラを見ると、ボーダーのシャツを着たゴンドリエーレが、歌いながらのんびり漕いでいるようなものではありません。レース用のスペシャルなゴンドラなのです。

車が通らないベネチアならではのお祭り、レガッタを見に行こう! 車が通らないベネチアならではのお祭り、レガッタを見に行こう!

勇壮なゴンドラのレースを見よう

レガッタ・ストーリカでは、中世風の衣装をつけた人々が、これまた飾り立てられたゴンドラで、運河を進むパレードもあります。勇壮なゴンドラのレースは、その後のお楽しみ。岸辺の仮説席もありますが、レースはベネチア各所にある橋の上やグランデ運河の付近でも見ることができます。6人乗りのゴンドラが何艘も、わっせわっせという感じで運河を通っていきます。カヌーのレースによく似ていますが、選手たちは立って櫂を使うという違いがあります。どのゴンドラも、息がピッタリ。ゴンドラごとに選手たちはお揃いの衣装を着て、ゴンドラも旗やリボンなどで飾っているので、見るほうも楽しい!

レガッタがはじまる前にベネチア本島に入りましょう

ところでレガッタのときは、当然のことながらベネチアの運河は、一般の船は入ることができません。もし、レガッタの日にベネチアに入るのでしたら、十分に気をつけてください。もちろん1日中、運河が使えないわけではなく、レガッタが始まる前、終わった後は大丈夫です。ですが、ぜひレガッタが始まる前にはベネチア本島に入るようにして、水の都ならではのお祭りを楽しんでくださいね。