世界遺産「ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)(ウム・エル‐ラサス)」の詳細情報

ヨルダンの世界遺産・名所ガイド

Um er-Rasas (Kastrom Mefa’a)

ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)

名称:ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)(ヨルダン
英語名称:Um er-Rasas (Kastrom Mefa’a)
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

3世紀ローマ時代から9世紀イスラム時代までの都市遺跡

「ウム・アル-ラサス」は、ヨルダン中部、首都アンマンの南方にある古代都市の遺跡。別名の「キャストロ・メファ」はウマイヤ朝時代の地名。ウム・アル‐ラサスは、ローマ帝国支配下の3世紀末に軍の駐留地として建設され、やがて都市へと発展した。ローマ時代からビザンチン時代、そして9世紀ごろのイスラム時代初期までの建物が残っている。要塞など遺跡の大部分はまだ発掘されていないが、保存状態のよいモザイク画のある聖堂がいくつか確認されている。中でも聖ステファン聖堂で見つかった、床のモザイク画は歴史を伝える貴重な資料。またビザンチン時代に建てられた2基の四角柱の塔は、修行僧の柱上修行が行われたものとされる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ヨルダンの世界遺産「ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)」についてご紹介します。ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。