リガの町にあるユーゲント・シュティールとは?

ラトビアの首都リガに行ったら、歴史地区とは一風異なった面白い地区へ行ってみましょう。何が面白いかというと、建築物の壁装飾がゴージャス過ぎて独特なデザインなので、ただ見て歩いているだけで楽しめるのです。これらの建築物は、19世紀末からヨーロッパで流行した、アールヌーボーとよばれる芸術様式で建てられています。ドイツからやって来たこの傾向を、リガではドイツ語のまま「ユーゲント・シュティール」と呼んでいます。過去の芸術とは違う新しい芸術として、建築以外にも美術や音楽など様々な分野で人気を得ていました。

アート好きは見逃せない! 美術館にない芸術が、リガの町の中にあった! アート好きは見逃せない! 美術館にない芸術が、リガの町の中にあった!

思わず笑ってしまう、怪奇な壁の装飾

この地区は旧市街の北に位置しており、バスターミナルや鉄道駅から少し離れています。トラムを利用すると便利です。大通り沿いでトラムを降りて、アルベルタ通りへ向かうと、辺りはユーゲント・シュティール風の建物が続々と目に入ってきます。この様式の特徴でもある、モチーフに植物や花を多様したデザインで建物の壁を装飾していて、見る人を楽しませます。もう一つ特徴的なモチーフが、人間の顔。超リアルに作られ、神話の人物をモチーフにしてデフォルメされているのもあります。大きな人面が建物の壁に3次元的に突き出しているので、その怪奇さに思わず笑ってしまいました。

建築家は、あの有名な映画作家の父親

この地区に傑作を何軒も建てたのが、建築家ミハイル・エイゼンシュタイン。彼は、有名なモンタージュ映画作家であるセルゲイ・エイゼンシュタインの父親として知られています。異なる政治思想を持った親子は、敵対したこともありましたが、偉大な建築家の父や、父の作品から影響を受けました。父ミハイル・エイゼンシュタインの独創的な建築デザインは、現在の私たちが見ても楽しめる芸術的要素がたくさん込められています。建築を見ているというより、美術館や博物館にいるような感覚にさせられるのは、それだからでしょう。

特に目を引いたのは、この集合住宅でした

一番目を引いたのが、エリザベーテス通りにある、集合住宅。巨大な建物の各階ごとに異なるモチーフを配置して、「華麗だ!」という印象を通り越して、やりすぎだと思えるほどの派手さが、逆に見る人を釘付けにさせます。壁一面に、柱の真ん中に、バルコニーの下にまで、ギリシア彫刻のような顔だけの彫刻が規則正しく施されています。これが見たくて、リガを旅行したと行っても過言ではありません。旧市街にもない、美術館にもない、町の中にたたずむアール・ヌーボー建築芸術をあなたも見に行ってみませんか。