世界遺産「フェニキア都市ティルス(ティルス)」の詳細情報

レバノンの世界遺産・名所ガイド

Tyre

フェニキア都市ティルス

名称:フェニキア都市ティルス(レバノン
英語名称:Tyre
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1984年

地中や水中に没したフェニキアの中心都市

レバノン南部にあるティルスは、地中海交易の拠点として栄えた海港都市だ。フェニキア都市の政治、経済、文化の中心地として、紀元前10世紀ごろに最盛期を迎えた。しかし当時の遺跡は海中に没したため、今は見ることができない。現存するもののほとんどは、この地を征服したローマ帝国やビザンツ帝国が築き上げたものだ。20世紀になってから遺跡の発掘が行われ、2万人以上の観客を収容したといわれる戦車競技場、幅約11mの列柱が続く大通り、大通りをまたぐように配置された高さ20mの凱旋門など大規模な建造物などが発掘された。公共浴場や劇場の跡も残されており、墓地では、彫刻で美しく飾られたビザンツ帝国時代の石棺を見ることができる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


レバノンの世界遺産「フェニキア都市ティルス」についてご紹介します。フェニキア都市ティルスの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。