世界遺産「カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神の杉の森(ホルシュ・アルツ・エルラブ)(カディーシャ渓谷)」の詳細情報

レバノンの世界遺産・名所ガイド

Ouadi Qadisha (the Holy Valley) and the Forest of the Cedars of God (Horsh Arz el-Rab)

カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神の杉の森(ホルシュ・アルツ・エルラブ)

名称:カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神の杉の森(ホルシュ・アルツ・エルラブ)(レバノン
英語名称:Ouadi Qadisha (the Holy Valley) and the Forest of the Cedars of God (Horsh Arz el-Rab)
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1998年

フェニキア人に富をもたらしたレバノン杉の群生地

レバノン北部に位置するレバノン山脈のカディーシャ渓谷は、この国の象徴として国旗にも描かれているレバノン杉が群生している場所だ。レバノン杉は耐久性に優れ、古くから建材や船材に用いられてきた。エルサレムのソロモン宮殿やアレクサンドロス大王の艦隊などにも使われたといわれ、紀元前にレバノンを支配していたフェニキア人繁栄の基ともなった。しかし現在、レバノン杉は国全体で1,200本ほどしか残っていない。そのうち375本、樹齢約1,200〜2,000年の杉がガディーシャ渓谷の「神の杉の森」に自生している。またガディーシャ渓谷には7世紀以降に東方正教会から独立した教会の修道院も点在しており「神の杉の森」とともに文化的景観を構成している。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


レバノンの世界遺産「カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神の杉の森(ホルシュ・アルツ・エルラブ)」についてご紹介します。カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神の杉の森(ホルシュ・アルツ・エルラブ)の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。