リヒテンシュタイン公国グルメ・料理ガイド

リヒテンシュタイン公国グルメガイド

リヒテンシュタイン公国のグルメ・伝統料理

リヒテンシュタイン公国の料理は、スイスやオーストリア、ドイツの料理と共通したものが多い。食事のメインには豚肉が好まれ、ハムやベーコンなどの肉加工品やチーズもよく食べられる。メインの付け合わせに食べる、コーンミールを使った小粒のパスタのような「ラビ」や、コーンミールの団子とハムやベーコンのスープ「ハファラーバン」、茹でた小麦粉の団子にチーズと揚げたタマネギをかけた「カスクノーフル」は、グルメなら一度は食べてみたいこの国の郷土料理だ。 (2015年編集部調べ)


リヒテンシュタイン公国の食事のマナー

食事の際に気をつけるべき特別な習慣はない。ただ、スープやパスタは音をたてて食べない、常にナイフとフォークを両手に持って食事をする、レストランでは大声で話したりしないなど、最低限のテーブルマナーはもつようにしよう。水は有料で注文しないと出て来ないので、必要ならミネラルウォーターを注文すること。レストランやカフェなど飲食店では原則禁煙。屋外のテラスでは喫煙できる場合もある。食べ残す事は礼儀を失すると考えられているので、食事に招かれたら出されたものはすべて食べるようにすること。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リヒテンシュタイン公国グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリヒテンシュタイン公国の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リヒテンシュタイン公国のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!