世界遺産「ケルナヴェ古代遺跡〈ケルナヴェ文化保護区〉(ケルナヴェ)」の詳細情報

リトアニアの世界遺産・名所ガイド

Cultural Reserve of Kernave

ケルナヴェ古代遺跡〈ケルナヴェ文化保護区〉

名称:ケルナヴェ古代遺跡〈ケルナヴェ文化保護区〉(リトアニア
英語名称:Cultural Reserve of Kernave
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

キリスト教化される以前の遺跡が残る

ケルナヴェ古代遺跡は、リトアニアの東部、ネリス川の渓谷にある古代遺跡群。中世にはリトアニア大公国の都として栄えた。丘の上に木造の城が築かれ、約1000人の商人や職人たちがその麓に住んでいた。14世紀後半にドイツ騎士修道会により建造物群が焼き払われたが、都市の遺跡は土に覆われ、194.4haの遺跡は損壊することなく保存された。旧石器時代後期から中世までの居住跡、5カ所の丘陵要塞、先キリスト教時代における墓地遺跡などが寄り集まった考古遺跡の集合体で、土着信仰とキリスト教の葬儀の伝統が接触した稀な証拠を有している。またこの遺跡の集落形式と丘の要塞には、古代の土地利用の様子も残されており、1万年余りにおよぶバルト海地域の人々の生活を研究する上でも重要な場所である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!リトアニアの世界遺産最新情報

2016/08/21 世界遺産

リトアニアの宝物 〜海外で高価なお土産を自分で探しちゃおっ!

リトアニア旅行イメージ-リトアニアの宝物 〜海外で高価なお土産を自分で探しちゃおっ! リトアニアの宝物 〜海外で高価なお土産を自分で探しちゃおっ!

バルト海に面する国、リトアニアは、日本人には戦中の外交官、杉原千畝で有名です。当時、リトアニア第2の都市カウナスにあった日本領事館で領事代理を務めていた彼は、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人たちに日本ビザを発給(「命のビザ」と言われています)、彼らの多くはシベリア鉄道でユーラシア大陸を横断し、日本からアメリカなどに逃れていきました。その数は6000人にも上ったのです。しかしこの決断は、本国からの命令違反だったため、日本で評価されるまでに時間がかかりました。それでも世界からは「日本のシンドラー」と称されています。リトアニアの首都はヴィリニュス。バスで西に2時間のところに杉原さんが赴任していたカ…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リトアニアの世界遺産「ケルナヴェ古代遺跡〈ケルナヴェ文化保護区〉」についてご紹介します。ケルナヴェ古代遺跡〈ケルナヴェ文化保護区〉の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。