page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

希少なモダニズム建築群の宝庫!〜バルトの国、リトアニア・カウナス街歩きの楽しみ


掲載日:2019/04/27 テーマ:観光地・名所 行き先: リトアニア / カウナス

タグ: ためになる 一度は見たい 街歩き 建築 歴史


SO COOL ! なモダン建築が残る、リトアニア第2の都市カウナス

国立チョルローニス美術館の玄関、こちらに関してはまた別記事でご紹介しますね! 国立チョルローニス美術館の玄関、こちらに関してはまた別記事でご紹介しますね!

ゴシック、バロック、ルネサンス、アールデコなど多様な建築を見たくて、ヨーロッパを旅される方も多いでしょう。まだそれほど知られていませんが、北欧エリアに位置するバルト3国には、中世から近代まで歴史的な建物がほぼ原形のままで多く残されています。とくに、バルト最南端のリトアニアには、100年以上前に建てらた20世紀初頭のモダニズム建築が6000軒以上残っており、そのうち約70軒はカウナス中心部に点在していて気軽に見学できます。それも今でも現役で利用されている! というところが最大の魅力です。モダニズム建築とは、19世紀後半から世界で見られるスタイルで「簡素な形状、平滑な壁面、均衡と非対称のバランスを意識し、機能・経済性を重視したすっきりとした建築デザイン」・・詳しくは専門書等を見ていただきたいのですが、たとえば東京・上野の国立西洋美術館や国立代々木競技場のデザイン、といえばイメージが湧くかもしれません。

カウナス中心街で見るべき建物、まずは郵便局

郵便局内はモダニズムの最高傑作! リトアニアならではのデザインも鑑賞しましょう 郵便局内はモダニズムの最高傑作! リトアニアならではのデザインも鑑賞しましょう

カウナスの町中は大きく旧市街と新市街に分かれます。旧市街にはゴシック建築の建物が集中しますが、モダニズム建築が軒を連ねるのは新市街のほう。まずは目貫き通りのライスヴェス通りを歩いてみましょう。ここには見るべき建物が3つ。1つは「中央郵便局」。1932年築、建築家はフィルクサス・ビスバラス。まずは目を奪われたのは、玄関入口と本館の床面に広がる幾何学的な白黒模様。オッシャレ〜! と思わず叫んでしまいました。内部はクラシックな雰囲気で、淡いレモンイエローの壁に、長年使い込まれた感のある木造りの作業台、柱部分やステンドグラス風のモダンなデザイン・・・細部にわたってすべて趣味が良いのです。窓口のおば様も愛想がよくて嬉しくなりました。切手のデザインももちろんですが、ここは見るべきものがたくさんありますから、ゆっくりと時間を取って行ってくださいね。

市役所、映画館、ミルクホールへ!

市役所の会議室、カッコ良すぎます!! 市役所の会議室、カッコ良すぎます!!

2つ目は郵便局から大通りを東へ進み、歩いて数分のところ、同じ並びにある「市役所」です。下の写真をご覧ください。市役所の大会議室です。これぞ、モダニズム! こんな素敵なホールでお仕事できるのって羨ましい、と思ってしまいますよね。玄関の回転ドアは重厚なロンドンの老舗5つ星ホテルの雰囲気のようでもあり、また会議室の飾り窓や空気口の細部に至るまで、ミニマルデザインといいますか、、とにかくモダニズムのエッセンスが詰まっています。こちらは1940年築、アルナス・フンカスが手掛けています。3つ目は「映画館 ROMUVA CINEMA 」。建築家は不明ということですが、アメリカの映画館を参考にしていて、空調と音響設備はかなり高度な技術で建てられているそうです。半地下は旧ソ連時代に増築されました。今回は中には入っていませんが、古い映画をこんな雰囲気のある映画館で見てみたいなと思わせてくれます。

空港には「カウナス建築ガイド」本も売られています

映画館 ROMUVA CINEMA、収容650名 映画館 ROMUVA CINEMA、収容650名

映画館からさらに東へ少し進むと、ダウカント通りの交差点角には、有名な1937年築の「ミルクホール」があります。とにかく外観は装飾性をいっさい排除したシンプルデザイン。そしてフランスアールヌーヴォーで良く見るようなガラス張り風の庇など、随所に興味深い設えが見え隠れしています。まだ他にも見たい建物は山ほどありましたが、次回、もっと時間を取って出かける予定にしています。モダニズム建築が何かわからなくても、カウナスの建物をひとつずつ見ていくと、どういうものかが分かってきますよ。これほどクールなモダニズム建築が、狭いエリアの徒歩圏内で沢山見られる、ということ自体が稀有なこと。ヴィルニス空港には「カウナス建築ガイド(英語)」も売っていますから、ぜひ参考になさってください。建築、デザインや意匠に興味のある方、リトアニアのカウナスは必訪ですよ!
※記事の情報は2019年4月現在のものです。
●取材協力:リトアニア政府観光局 http://www.realisbeautiful.lt/en

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/27)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索