page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マルタ・ゴゾ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

購入前に味見ができる有名店「Jubilee Foods」 マルタのゴゾ島で地産品を買おう!


掲載日:2020/01/02 テーマ:ショッピング 行き先: マルタ / ゴゾ

タグ: おいしい お土産 かわいい


店内で、ジャムやリキュールが試せる!

Jubilee Foodsのジャム類 Jubilee Foodsのジャム類

地中海に浮かぶマルタ共和国は、首都バレッタ自体ほか、2つの世界遺産(計3つ)があり、海と石造りの建物の美しさにあふれています。史跡好きのツーリストにはもちろん、モダンな世界とは違う空間にひたりたい人たちにも人気です。

首都のあるマルタ島の西北側にゴゾ島があります。ゴゾ島にも遺跡があり、たくさんのツーリストが訪れます。バレッタからは「バスで1時間強⇒フェリー渡航⇒ゴゾ島到着、バスで中心地のビクトリアまで25分」と少し時間はかかりますが、日程に余裕があればゴゾ島訪問はおすすめです。マルタ島とは、少し違った雰囲気が楽しめます。(ゴゾ島訪問ツアーもありますし、バスやフェリーの本数が多いので個人でも行けます)

このゴゾ島・ビクトリアにある要塞チタデル(Citadel)のすぐそばにあるショップ「Jubilee Foods ジュビリー・フーズ」は、ゴゾ島の特産品(食品)を販売しています。

特産品を売る店はほかにもありますが、Jubilee Foodsでは、スイカジャム、レモンジャム、オレンジマーマレードなどのジャム類を試食することができます。ウチワサボテンやイナゴマメ(キャロブ)のリキュールやコーヒーも試飲できます。

ゴゾ島の工場で製造

Jubilee Foods 店内の様子 水色の台に、試食試飲の商品があります。 Jubilee Foods 店内の様子 水色の台に、試食試飲の商品があります。

店は、それほど大きくありません。でも、一歩中に入ればたくさんの商品が並んでいます。ところどころに英語で説明書きがあって、理解が深まります。

たとえば、イナゴマメ(キャロブ)のシロップの説明はこうです。

「イナゴマメ(キャロブ)の木は、マルタのほぼどこにでも生育しています。実は真夏に熟し、濃厚でまろやかなシロップは昔から作られ、風邪や喉の痛みに効果をもたらす自然薬として用いられてきました。当店のシロップは、ゴゾ島のイナゴマメを手で収穫して作っています。着色料も甘味料も加えていません」

ビスケットやヌガーなどのお菓子類、ゴゾ産のハチミツ、ゴゾ産の塩、山羊のチーズ、マルタ風伝統コーヒー(粉末。コーヒー豆に、チコリ、クローブ、アニスを混ぜたもの)などもあります。オリーブオイルとバルサミコビネガーはイタリア産で、いろいろな風味をそろえています。

Jubilee Foodsで販売している商品は、ゴゾ島の工場で加工しています。

Jubilee Foodsは、レストラン「Cafe Jubilee」から誕生した

Jubilee Foods 外観 Jubilee Foods 外観

Jubilee Foodsは路面店はここのみで、ゴゾ島とマルタ島の提携先スーパーマーケットでも購入できます。Jubilee Foodsは2010年にオープンしました。始まりは20年前にさかのぼります。このショップは、隣にあるレストラン「Cafe Jubilee」から派生しました。

Cafe Jubileeは1998年にオープンしました。好評を博して、2000年にはマルタ島のバレッタに2号店がオープン。レストランで出していた手作りのチーズラビオリが大人気で「家でも食べたい」という要望が増え、冷凍して徐々に販売するようになりました。そのうち、魚パイ(ランプ―キという魚とトマトソースのパイ)なども冷凍して販売するようになりました。その後、レストラン3号店を開いてから、高品質をモットーに、マルタ共和国らしい食品をより多くの人たちに販売していこうとJubilee Foods開店に至ったのでした。

バレッタでマルタ人の男性にJubilee Foodsのことを訪ねてみたところ、「よく知られていますよ、レストランJubileeの系列店ですね」と答えが返ってきました。

フレンドリーな店員から、日本語も飛び出す

上)山羊のチーズ  下)コーヒー豆。コーヒーは、酸味が強いアラビカ種と、苦味が強いロブスタ種のブレンドです。シンプルなパッケージが可愛らしいです 上)山羊のチーズ  下)コーヒー豆。コーヒーは、酸味が強いアラビカ種と、苦味が強いロブスタ種のブレンドです。シンプルなパッケージが可愛らしいです

筆者が訪れたときは、女性の店員が応対してくれました。日本人ツーリストがたくさん来ることから、日本人に商品名を日本語で伝えようと少しずつ覚えているそうです。

ジャム、ハチミツ、ビスケット、コーヒー、オイル類がとくに売れ筋とのことです。ゴゾ島を訪れたら、立ち寄って買ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

左)店内に並ぶリキュールやヌガー  右)隣接するレストラン Cafe Jubilee 左)店内に並ぶリキュールやヌガー  右)隣接するレストラン Cafe Jubilee

■Jubilee Foods
住所:10 Independence Square, Victoria, Gozo
電話:+356 (0)2155 8921
URL:www.jubileefoods.net

開店時間:
月〜金 9時半〜18時
土 9時〜19時
日 10時〜16時

*冷凍品も店内で販売しています。


隣接するレストラン Cafe Jubilee はこちらを参照
www.cafejubilee.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索