ゴージャスなカジノといえばこの国

世界各地にあるカジノを紹介するこのシリーズ。今回は地中海の小国、モナコ大公国です。最近ヒットした映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』の舞台になったことで、この国に興味を持った人もいるのでは? そのモナコの新市街にあるモンテカルロを有名にしているのは、カジノです。ラスベガスなどに代表される大衆的なカジノと違い、ヨーロッパのカジノは特権階級や上流階級を中心に発展してきましたが、その最たるものがここにあるカジノ・ド・モンテカルロでしょう。モナコには4つのカジノがありますが、通称「グラン・カジノ」とも呼ばれるこのカジノは、とにかくゴージャスさではピカイチのカジノです。

教えて!世界のカジノ事情【モナコ編】 世界のセレブが集まる、小国の豪華なカジノ 教えて!世界のカジノ事情【モナコ編】 世界のセレブが集まる、小国の豪華なカジノ

高級感漂うグラン・カジノへ

グラン・カジノはその外観もすばらしい。何しろ設計を手がけたのは、パリのオペラ座(ガルニエ宮)の建築で有名なシャルル・ガルニエです。手前には噴水があり、そこから見るライトアップされた夜の姿もまた格別です。さて、そんなカジノですから、もちろんドレスコードがあります。といっても昔のように“キッチリ決めて”と気合いを入れなくても大丈夫。観光客が多いので、男性ならジャケットがあればいいでしょう。時間帯が早ければ、ジーンズやTシャツでなければいいかと思います。それにセレブたちは、セレブ用の専用部屋に行くことが多いでしょう。ゲームをするサロン(部屋)はいくつか分かれ、ルーレット(ヨーロッパ式、アメリカ式)、ブラックジャックなどが楽しめます。

入りやすいカジュアルな雰囲気のカジノ

グラン・カジノの次に人気があるのが、やはり老舗の「カフェ・ド・パリ」でしょう。ここはドレスコードは気にせずに気軽に入れることができます。人気はスロットマシンで、マシンの多さはモナコ随一とか。もちろんルーレットやブラックジャックといった、テーブルゲームも充実しています。ここはカジノだけでなく、レストランも有名なので、食事に訪れるのもいいでしょう。モナコのカジノの中で、大衆的なアメリカンスタイルのカジノが「サン・カジノ」です。ドレスコードはなく、誰でも気軽に入れる雰囲気。なので観光のついでにでも寄れます。やはり人気は気軽にできるスロットマシンでしょうか。テーブルゲームなら、ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなどが楽しめます。

またまだあるカジノ。イベントも楽しい

モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート内にあるモンテカルロ・ベイ・カジノは、150台のスロットマシンのみのカジノです。また、スポルディング・ホテルでは、夏限定のサマー・カジノが開かれます。こちらでは期間中には、ショーやコンサートも開かれる、大きなイベント会場のようです。さあ、モナコへ行ってぜひこれらのカジノをのぞいてみましょう。南仏に滞在して、足を延ばすのもいいですよ!