「モロッコの黄金」と呼ばれる貴重なオイル。

アルガンオイルとはアルガンの木の実から採集できるオイルのこと。古代フェニキア人が健康素材として使用していたと言われています。「モロッコの黄金」という異名があるだけあって、実際のオイルも黄金色。美容効果が非常に高く、美容に対する意識が高い世界中の人々から賞賛されています。採取できるのはアルガンツリーからだけで、この木がある森はアフリカ大陸の北西に位置するモロッコ王国にしかありません。アガディールからエッサウィラの辺りにアルガンツリーの森があり、ユネスコに生物圏保護区域として指定されています。森は海岸から内陸にむかって広がっていて、砂漠化を防ぐ役割も果たしているのだとか。

リッチな使用感のアルガンオイルは若返りのオイル。 リッチな使用感のアルガンオイルは若返りのオイル。

100kgの実からわずか1kgしかできない希少なオイル。

水分が極端に少ない砂漠でも自生できるアルガンツリーは、根が水分を求めて30メートルも伸びることもあるのだとか。だから暑さにも乾燥にも強いのです。その生命力の強さを享受できるのが、アルガンオイルです。アルガンツリーから採れる実から種を取り出し、その中にある核を絞ることでやっとオイルが得られます。100kgの実から1kg程度しかオイルができないため、とても希少なもの。今までは一つ一つ手で加工をしていましたが、最近では機械での圧搾が可能になりました。けれど、アルガンツリーはあくまで自生しているものなので、採取量は多くありません。

若返りのオイルを使って、肌の透明感がアップ!

アルガンオイルが“若返りのオイル”と呼ばれる理由は、老化を促進させる活性酸素を除去する抗酸化物質が多く含まれているためです。植物油の中でも最もビタミンEが多く含まれていて、その量はオリーブオイルの約4倍なのだとか。理想的な水分量に整えることで、油分もバランスよくなります。血行を促進することで肌に栄養がいきわたり、顔色もよくなり透明感がアップ!かなり若々しい印象になりますよ。実際に使ってみると、びっくりするほど肌がフカフカになってびっくりする方も多いことでしょう。それだけ年齢を重ねたお肌はターンオーバーが乱れてゴワゴワになっているということですね。

とっても簡単なアルガンオイルの使い方。

使い方はとっても簡単で、いつものお手入れに1〜2滴加えるだけ。おすすめなのは洗顔後に水滴がついている状態で、1〜2滴とって手のひらでよく伸ばし、顔を包み込むようにやさしく押し当てます。水分と混ぜることで乳化して浸透しやすくなります。このあとの化粧水もグングン染み込む感覚が味わえるでしょう。あとはいつもどおりお手入れをしてください。顔だけでなく髪、頭皮、体に使ってももちろん◎。アルガンオイルは値段だけ見るととても高価ですが、実際には少しずつしか使わないので意外とコストパフォーマンスも悪くないですよ。