世界遺産「マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市(マサガン)」の詳細情報

モロッコの世界遺産・名所ガイド

Portuguese City of Mazagan (El Jadida)

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市

名称:マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市(モロッコ
英語名称:Portuguese City of Mazagan (El Jadida)
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

ポルトガル領時代の文化の融合が見られる都市

マサガンは大航海時代の1502年、ポルトガル人が築いた城塞都市だ。インド貿易の中継地として栄え、1769年までポルトガル領だった。そのため貯水槽や聖母被昇天聖堂にポルトガルのマヌエル様式が見られるなど、建築や美術から当時がしのばれる。マサガンはポルトガル撤退後、モロッコのアラウィー朝が統治。1832年に街の再建を決め、街の名も「新しいもの」を意味するアル・ジャジーダとした。20世紀初頭にはフランスの保護下に入り、再びマサガンに改称。モロッコが独立した1956年以降、またアル・ジャジーダと呼ばれている。ヨーロッパとモロッコの文化が影響し合い、建物や街並にもそれが反映されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!モロッコの世界遺産最新情報

2014/02/19 世界遺産

気分は異邦人? モロッコの旧市街「メディナ」に迷い込む

モロッコ旅行イメージ-気分は異邦人? モロッコの旧市街「メディナ」に迷い込む 気分は異邦人? モロッコの旧市街「メディナ」に迷い込む

モロッコの各地に残る旧市街は「メディナ」と呼ばれ、その古い街並みの歴史は7世紀にまで遡ります。7世紀にこの土地にやってきたアラブ人は、街を築き、預言者ムハンマドの地メディナとしました。街は外敵の侵入を防ぐために堅固な壁で囲まれ、一歩中に入ると、まるで迷路のように狭く細い道が巡らされています。モロッコのメディナは、マラケシュ、フェズ、エッサウィラ、ティトゥアンの4つが世界遺産に登録されています。それぞれが異なった表情を持つ街なので、メディナ巡りをしてみるのも面白いかもしれません。続きを見る


モロッコの世界遺産ガイド記事

モロッコの記事一覧を見る


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


モロッコの世界遺産「マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市」についてご紹介します。マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。