マラケシュグルメ・料理ガイド

マラケシュグルメガイド

マラケシュのグルメ・伝統料理

モロッコ有数の大都会マラケシュは、屋台で楽しむ大衆グルメから高級レストランのキュイジーヌまで食事の選択肢が幅広い。中でも一度は体験したいのが、ジャマ・エル・フナ広場の屋台ディナー。ケバブやハリラ(スープ)といった定番から、魚のフライ、レバーの煮込み、羊肉の壷焼きタンジーヤ(羊肉の壷焼き)など、旅行者にとっては珍しいメニューも見かける。カタツムリや牛の脳味噌といったびっくりメニューもあり、見物するだけでも話のタネになりそうだ。(2015年編集部調べ)


マラケシュのレストラン・屋台

夕暮れからはジャマ・エル・フナ広場に繰り出そう。もうもうと煙を上げた屋台が広場を埋め、賑やかな呼び込み合戦が繰り広げられている。それぞれの屋台は専門の料理を提供しているのでハシゴして楽しむのがおすすめだ。どこで食べるか迷った時は、行列のできている店を選ぶと間違いがない。また、広場の周囲には庶民派のレストランも並んでおり、テラス席で広場を眺めながら食事するのも気分がいい。モロッコ各地の民族舞踊や騎馬ショーを観賞しながら伝統料理を食べられる「ファンタジア」も人気だ。

マラケシュの水・お酒

水道水は飲用に適さないため市販のミネラルウォーターを利用しよう。イスラム教の国なので飲酒は禁じられているが、異教徒や外国人旅行者はホテルや一部の飲食店で飲むことができる。ただし、人前で大っぴらに飲んだり酩酊するようなことがないよう十分気をつけて。ちなみにモロッコで好まれる飲み物は、生のミントの葉を入れた熱いミントティー。現地の人はこれを「ベルベル・ウイスキー」とジョーク混じりに呼んで日に何度も口にする。


現地ガイド発!マラケシュのグルメ・料理最新情報

2013/12/20 グルメ

多種のスパイスが美味さの秘訣。本場で味わうエスニック料理

マラケシュ旅行イメージ-多種のスパイスが美味さの秘訣。本場で味わうエスニック料理 多種のスパイスが美味さの秘訣。本場で味わうエスニック料理

よく耳にする「エスニック料理」とは、どんな料理でしょう。辞書によりますと、エスニックethnicは「民族の」という意味。日本でエスニック料理というと、タイなどの東南アジアの料理やインド、中近東といった地域の料理をさすことが多いと思います。そして個人的には、スパイスを使っている料理のことをイメージします。日本にもエスニック料理のレストランはたくさんありますが、旅行先で本場の味を試してみたくはありませんか?地元の人が食べるエスニック料理とはどんなものでしょう。続きを見る


マラケシュのグルメ・料理ガイド記事

マラケシュの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


マラケシュグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるマラケシュの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
マラケシュのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!