「ガスール」で全身をパック

みんな、垢すりは友達や家族同士、お互いにやり合っていました。垢を流したら普通の石鹸とシャンプーで体と髪を洗い、仕上げは天然素材コスメその2「ガスール」で全身パックです。ガスールはミネラルをたっぷりと含んだクレイ(粘土)で、古来より中東やアフリカの女性の間で愛用されてきました。毛穴に詰まった老廃物や余分な皮脂を取り除き、クレンジング効果が高いので、石鹸やシャンプーの代わりに使うこともできますが、現地ではみんなパックとして使っていました。

ハマムで美に磨きをかけよう(2)〜美容の国モロッコ、魅惑のナチュラルコスメ〜 ハマムで美に磨きをかけよう(2)〜美容の国モロッコ、魅惑のナチュラルコスメ〜

ガスールを溶くのは「ローズウォーター」

クレイに水分を加えてしばらく置くと、クレイと水がなじんでドロッとしてきます。このときに、もちろん水を加えてもいいのですが、是非モロッコの天然素材コスメその3「ローズウォーター」を加えましょう。モロッコはダマスクローズの世界5大産地の1つで、アトラス山脈の南のカスバ街道沿いに点在するオアシスの谷で生産されています。バラの花2500本から1〜2滴しか取れないという貴重なローズウォーターですが、ここモロッコのスーク(市場)では、250ml入りの化粧水が50円ほどで手に入るんです。 このローズウォーターでガスールを溶いて、髪と全身をパックします。う〜ん、贅沢!

仕上げに登場「アルガンオイル」

パックを流した後のお肌はしっとりすべすべ。そして、ここまででハマムに入って2時間くらい経っていると思います。モロッコの女性がお喋りに興じ、裸の付き合いをしながらたっぷりと美に磨きをかける贅沢な時間です。最後の仕上げは、モロッコの天然素材コスメの代表「アルガンオイル」。モロッコの南西部にしか生育しないアルガンツリーは「命の木」とも呼ばれ、その実100kgから1リットルしか採れない貴重なオイルには、オリーブオイルの数倍のビタミンEや豊富なポリフェノールが含まれています。ハマムの仕上げに体全体にアルガンオイルを塗って、保湿とアンチエイジング対策もばっちりですね。

天然素材コスメはどこで手に入る?

モロッコの女性たちが美しさを保つ秘訣の天然素材コスメ、どこで手に入れることができるでしょうか。一番安いのはやっぱりスークの中。ガスールやサボン・ノワールは山のように積まれていて、量り売りで買うことができます。新市街のスーパーマーケットでは、きちんと包装されたオーガニックの製品を手に入れることができます。また、コスメ用ではなく食用のアルガンオイルも売られているので、どちらも合わせて手に入れたいですね。新市街の専門店や高級スパでは、高級コスメラインのプロダクツが揃っています。マラケシュを訪れたら、モロッコのナチュラルコスメとハマムの効果を是非体験してみてください。