page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オランダ要人もお出迎え!シンタクラースご一行がやってくる


オランダでは2回もクリスマスが?

11月中旬のシンタクラースとズワルト・ピートの到着。赤い服の老聖人がシンタクラース。黒塗りの顔が従者のズワルト・ピート 11月中旬のシンタクラースとズワルト・ピートの到着。赤い服の老聖人がシンタクラース。黒塗りの顔が従者のズワルト・ピート

オランダでは2度クリスマスがあると言われています。一つは12月25日のクリスマス。装飾はアメリカ式にツリーを飾り、当日は家族や親類でキリストの誕生日を静かに祝いディナーを共にします。もう一つが12月5日の「シンタクラースの日(Sinterklaas)」です。
しかしその前に、11月中旬のシンタクラース到着の日「intocht(イントフト)」はテレビ中継も入る国民的行事です。毎年11月中旬になると、シンタクラースがお供のズワルト・ピートを連れてスペインからオランダへと蒸気船でやってきます。シンタクラース一行が到着すると、子供たちはシンタクラースの歌を歌い一行を大歓迎。ズワルト・ピート達はお菓子を子供達に配ります。また一行を歓迎するのは子供達だけではなく、各都市の市長などの要人から果ては王室関係者までシンタクラースと握手を交わします。
要人も出迎えるほどオランダでお馴染みのシンタクラースとは、一体どんな人物なのでしょうか?

守護聖人からみんなのシンタさんへ

日用雑貨店に並ぶ子供用のシンタクラースとズワルト・ピートの衣装。これらの服を着てシンタクラースの到着を待つ子供達も多い 日用雑貨店に並ぶ子供用のシンタクラースとズワルト・ピートの衣装。これらの服を着てシンタクラースの到着を待つ子供達も多い

シンタクラースの起源は、4世紀ごろの小アジアのローマ帝国リュキア属州(現在はトルコ)のミュラの司教「セント・ニコラス」です。無実の罪に苦しむ人や子供達の守護聖人として数々の伝説が残っています。また海運の守護聖人でもあったためか、海運国オランダやベルギーのフランドル地方でも崇拝されるようになりました。セント・ニコラスの遺骨は、11世紀後半にイタリアに移されたと言われています。しかしオランダやフランドルに聖ニコラスの崇敬が広まると、彼の所在地がトルコから遺骨が移ったイタリアへ。そして何故かイタリアからスペインへと変わっていきました。
ユニークなのは聖ニコラスのお供であるズワルト・ピート。ズワルトとはオランダ語で黒という意味です。ピートはもとは悪魔でしたが、シンタクラースの下で改心し僕(しもべ)になったといわれています。また昔スペインが肌の黒いムーア人達に統治されていたので、スペインのシンタクラースの供になった、とも。または、ピート達は煙突から降りてきて子供達にプレゼントを置いていくので、煤で黒くなった、とも。
これらの真相の程は、実はオランダの人々でも解らないとのことです。

子供達はソワソワ。早くシンタさんとピートが来ないかな?

11月中旬の上陸後は、12月のシンタクラースの日まで白馬に乗ってオランダ各地を練り歩く 11月中旬の上陸後は、12月のシンタクラースの日まで白馬に乗ってオランダ各地を練り歩く

シンタクラースとズワルト・ピートの起源が不明でも、イベントは楽しいもの!
上陸後一行は、12月のシンタクラースの日までオランダ各地を練り歩きます。シンタクラースの誕生日は12月6日と言われていますが、オランダでは前夜の12月5日を祝います。シンタクラースからオランダのよい子達へプレゼントが配られる日です。各家庭の煙突を伝ってズワルト・ピートがプレゼントを届けると言われています。オランダの子供達はその日までに、暖炉やヒーターの横にシンタクラースからのプレゼントが入る自分達の靴を置き、隣にはシンタクラースの馬のために人参や水を供えます。シンタさんのプレゼントを待ちわびる子供達。しかしキャラクター的にはズワルト・ピートが圧倒的な人気を誇り、ピートのグッズや、ピートのコスプレをする大人や子供を見かけます。

現地の人に混ざってピートのお菓子をキャッチしよう。テレビに映るかも

子供達にお菓子を配るズワルト・ピート 子供達にお菓子を配るズワルト・ピート

11月中旬のシンタクラースの到着はオランダ各地で行われ、盛大な祭典なので旅行者の皆さんにも一見の価値があります。
例えば2007年のシンタクラースのアムステルダム到着は11月18日です。
その頃オランダを旅する人は、この機会にシンタクラースとお茶目なズワルト・ピートの一行を見物してみてはいかがでしょうか。ズワルト・ピートの扮装をしてはしゃぐ無邪気なオランダの子供たちに囲まれるのも心なごみます。ピートが投げるお菓子は、子供だけでなく大人のあなたもキャッチしていいんですよ。

【関連情報】

Intocht Sinterklaas
(イントフト シンタクラース。シンタクラースのオランダ到着)
開催地:11月中旬のオランダ各地
2007年例:
デンハーグ、マーストリヒト、ユトレヒト
日時:11月17日

アムステルダム
日時:11月18日
10時:アムステル港に船到着
12時:船舶博物館に船到着
13時:市内パレードでダム広場付近
14時半:Stadsschouwburgのバルコニーでシンタクラースの挨拶
Stadsschouwburg所在地:Stadsschouwburg Amsterdam Leidseplein 26 1017 PT Amsterdam
※予定時刻は当日の状況により遅延する可能性があります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索