page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

旅人の強い味方。手軽に食べられるドネルケバブ


掲載日:2008/07/07 テーマ:グルメ 行き先: オランダ / アムステルダム

タグ: おいしい グルメ 屋台


マルチカルチャーの国オランダ

ブローチェ・ドネル。ガーリックマヨネーズをつけるのがオランダ式 ブローチェ・ドネル。ガーリックマヨネーズをつけるのがオランダ式

歴史的に貿易国として各国の文化を受け入れてきたオランダ。この国では様々な国から来たものがオランダという風土の中でローカライズされています。各国からの移民も多いオランダでは、彼らによって様々なものが持ち込まれました。
元来オランダ国外のものが、現在ではオランダの一般的なものとして定着している顕著な例が食文化。中近東系の移民によってもたらされたケバブも代表的な例でしょう。

定番のファーストフードになったトルコ料理、ドネルケバブ

ドネルケバブの店。ユトレヒトだけで駅構内に3軒ある(2008年現在) ドネルケバブの店。ユトレヒトだけで駅構内に3軒ある(2008年現在)

ドネルケバブは、もともとはトルコ系の移民が持ち込んだものです。主に牛や羊、鳥の肉が使用されます。香辛料で風味を付けスライスした肉を串に差し積層し、巨大な塊にしたものをグリルします。
食べるときには専用の電動カンナでグリル肉を削ぎ落とします。それを両面をパニーニのようにこんがり焼いたパンにはさんだ物が、オランダでは「ブローチェ・ドネル」と言われています。
ブローチェ・ドネルは、肉と一緒にトマトやレタスなども挟みます。そしてやはりオランダでの特徴は、ガーリック入りのマヨネーズやサンバルをつけて食べることです

オランダ独自の進化を遂げたケバブ

このグリルをそぎ落として食べる このグリルをそぎ落として食べる

ガーリック・マヨネーズはオランダから、サンバルはインドネシアのタバスコです。インドネシアの移民も多く、インドネシアの食材もオランダに定着している為です。
または、ドラムというトルティーヤのような薄いパンに巻くものや、付けあわせとしてパンの代わりにフライドポテトがつくものもあります。フライドポテトがつけあわせというのも、オランダなどのヨーロッパ諸国でローカライズされたスタイルです。
ケバブは中近東では羊の肉が一般的ですが、オランダでは牛肉やチキンのほうが好まれており、こちらが一般的になっています。

手軽なスナック、ドネルケバブは旅人の強い味方

フランチャイズで全国展開するドネルカンパニー フランチャイズで全国展開するドネルカンパニー

手軽なスナックとしてオランダのどこでも見かけるケバブ。ステータスとしてはマクドナルドなどのようなファーストフードの定番となっています。旅行者にとっても安価で手軽に手に入るありがたいファーストフードです。
ドネルケバブ屋はハーレムやユトレヒトの駅構内、アムステルダムの駅前のドネル・ステーションなど、オランダ中で簡単に見つけることが出来るので、忙しい方にお勧めです。そしてオランダ式にガーリック・マヨネーズをたっぷり付けて召し上がってみてはいかがでしょうか。

ドネルケバブ

所在地;オランダ各地
営業時間;店によって変動はあるが、大抵の店が年中無休
昼から夜10時位まで

アムステルダムの例:
Doner Company Amsterdam
Strasse Nr.
PLZ Amsterdam
行きかた;アムステルダム駅前。徒歩1分

ユトレヒトの例:
Doner Company Utrecht
Jaarbeurstraverse F-1e
3521 AS Utrecht
行きかた:ユトレヒト駅構内

値段の例(店によって変動あり):
ブローチェ・ドネルケバブ 約3ユーロ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索