page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・ツーリングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

自転車大国オランダでサイクリングを楽しむ


人間の数よりも自転車の数が多い国

バックフィーツ(Bakfiets)の直訳は「かご自転車」。子供や物の運搬に便利で都市部では人気が高い。 バックフィーツ(Bakfiets)の直訳は「かご自転車」。子供や物の運搬に便利で都市部では人気が高い。

オランダは世界屈指の自転車大国です。総人口1600万人に対して自転車の総数が1800万台と、国民一人当たりの自転車保有率は世界一と言われています。平坦な地形や温暖な気候、充実したインフラなど好条件のもとで、昔から自転車は人々の重要な移動・運搬手段として用いられてきました。九州ほどの大きさの国土に張り巡らされた自転車専用道路は35,000km(日本では3,000km)で、国民の半数が毎日の通勤・通学に自転車を利用しています。自転車専用の信号機や道路標識、ラウンドアバウトも整備され、街中に駐輪スタンドが設置されています。電車にも自転車を持ち込むための専用車両があり、折りたたむ必要はありません。休日には長距離用ルートで本格的なツーリングを楽しむこともできます。

オランダの街は自転車の見本市!

「おばあちゃん自転車」(上)と「おじいちゃん自転車」。Union やGazelle、Batavusなどの国内老舗ブランドが人気。Photo:Union 「おばあちゃん自転車」(上)と「おじいちゃん自転車」。Union やGazelle、Batavusなどの国内老舗ブランドが人気。Photo:Union

エスキモーは「雪」を20以上の単語で表現するといわれますが、オランダには30以上の自転車の名前があります。シティサイクル(stadsfiets)、運搬自転車(transportfiets)、手漕ぎ自転車(handbike)、ボート漕ぎ自転車(roeifiets)、飛行自転車(luchtfiets)など多種多様ですが、最も一般的なのはダッチバイクです。重厚感あるフレームと黒色の塗装、バックペダル・ブレーキが特徴で、トップチューブが下がっているものは「おばあちゃん自転車(omafiets)」、水平なものは「おじいちゃん自転車(opafiets)」と呼ばれ、戦前から愛され続けてきました。アムステルダムなどの大都市では、複数の子供たちを運ぶ「かご自転車」やタンデム自転車、自転車タクシー、リカンベントやベロモービルまで、見本市のように自転車が行き交います。

レンタサイクルで自由自在に街を散策

2台の自転車を合わせて改造した「2階建て自転車」を楽しむ人 2台の自転車を合わせて改造した「2階建て自転車」を楽しむ人

オランダを旅するならレンタサイクルがお勧めです。アムステルダムやデン・ハーグ、ロッテルダムなどの都市部では観光地を巡るのに便利ですし、美しい街の中を自由に散策できます。レンタサイクルは1日10〜20ユーロほどで、駅やホテル、街中のショップで借りられます。バックペダル・ブレーキのダッチバイクが主流ですが、日本で一般的なハンドブレーキのシティサイクルもあります。その他にも、「かご自転車」や「タンデム自転車」などオプションは多彩。ツーリスト・インフォメーションでは自転車観光マップを入手できます。街の歴史や見どころを案内してもらえるサイクリングツアーも人気です。英語ガイドのツアーでは、各国からの観光客と一緒にサイクリングを楽しめます。

田園風景を満喫できるサイクリング

3月中旬から5月にかけて、チューリップ畑を眺めながらのサイクリングはオランダならでは。 3月中旬から5月にかけて、チューリップ畑を眺めながらのサイクリングはオランダならでは。

郊外のサイクリングルートやサービスも充実しています。世界遺産の風車群で有名なキンデルダイクでは、19基の風車を眺めながらサイクリングを楽しんだり、周辺のロッテルダムやゴーダまで足を延ばすことができます。世界最大の花の公園「キューケンホフ」の周辺には、一面の花畑の中にサイクリングコースがあります。カラフルな絨毯のように広がるチューリップ畑の景色は圧巻です。ゴッホコレクションで名高いクローラー・ミュラー美術館があるデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園では、無料で自転車が貸し出されています。美しい森林の中を巡ると4、5時間のルートになります。少し郊外に出るだけでも、果てしなく平地が続くポルダー(干拓地)など、オランダでしか見られない田園風景があります。ぜひ自転車に乗って、穏やかな一日を過ごしてみてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/05/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索