page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

【オランダの国家遺産】魅力満載のアムステルダム中央駅


観光客が到着するオランダの陸の玄関口

スキポール空港からアムステルダム中央駅へのアクセスは電車で約15分。Photo: S Sepp スキポール空港からアムステルダム中央駅へのアクセスは電車で約15分。Photo: S Sepp

アムステルダム中央駅は、オランダの首都アムステルダムにあるオランダ鉄道の主要駅です。各都市への列車、メトロ、トラム、バスなどの交通機関が乗り入れ、1日の利用者数は16万人に上ります。

スキポール空港からのアクセスも良く、ドイツやスイス行きのICE、フランスやベルギーに向かうタリスなど国際列車も発着するため、インターナショナルな雰囲気です。駅構内のレストランやカフェ、ショップも充実し、快適な時間を過ごせる複合施設でもあります。

19世紀に建てられた駅舎は、オランダの国家遺産 (Rijksmonument)に指定されています。鉄道事業のみにとどまらないアムステルダム中央駅の、文化遺産としての魅力をご紹介します。

19世紀の駅舎はオランダの国家遺産

新しいアムステルダム中央駅の土地を確保するために、北海運河の掘削で出た土砂を利用して人工島が作られました。アムステルダム中央駅は8687本の杭基礎の上に建設されています。Photo: Slaunger 新しいアムステルダム中央駅の土地を確保するために、北海運河の掘削で出た土砂を利用して人工島が作られました。アムステルダム中央駅は8687本の杭基礎の上に建設されています。Photo: Slaunger

アムステルダム中央駅は1889年に、オランダ人建築家ピエール・カイパースにより設計されました。オランダにおいて初めて、著名建築家によって設計された駅です。19世紀はオランダの運輸が水運から陸運にシフトした転換期で、アムステルダム中央駅はその重要性から、実績のあるカイパースに設計が託されたのです。

赤レンガ造りの駅舎はゴシックとルネサンスを融合させた様式で、細微な装飾が目を引きます。カイパースのもうひとつの傑作、アムステルダム国立美術館との類似性も高く、どちらも重厚な二つの塔を構え、優雅なファサードは宮殿のような雰囲気です。アムステルダム中央駅、国立美術館ともに、オランダの国家遺産に登録されています。

「大聖堂」と讃えられた中央駅

開業当初に南側、1922年に北側のトレイン・シェッドが完成し、1996年に間を繋ぐ小さなトレイン・シェッドが増築されました。 開業当初に南側、1922年に北側のトレイン・シェッドが完成し、1996年に間を繋ぐ小さなトレイン・シェッドが増築されました。

アムステルダム中央駅の文化遺産としての見どころはまず、壮麗な外観です。駅前広場から望む中央駅は、周辺の運河や教会、カナルハウスとともに歴史情緒あふれる風景を織り成します。駅舎は夜毎にライトアップされ、冬はイルミネーションが灯ります。

駅構内のインテリアも、近年の修復で開業当時の輝きを取り戻しました。赤レンガの堂々たるアーチやクラッシックな装飾は、世紀を越えた建築の重みと奥深さを感じさせます。

線路とプラットホームを覆うトレイン・シェッドも圧巻です。19世紀のヨーロッパでは、近代都市を象徴する大型のトレイン・シェッドが流行し、アムステルダム中央駅にも径間45mの巨大なトレイン・シェッドが建設されました。

文化遺産を満喫できるスポット

2番ホームにある貴賓室 (Koninklijke wachtkamer) の扉。貴賓室の見学ツアーは15ユーロより。 2番ホームにある貴賓室 (Koninklijke wachtkamer) の扉。貴賓室の見学ツアーは15ユーロより。

駅舎東側には、王室が列車を利用する際の貴賓室と車寄せがあります。2番ホームでは、貴賓室に続く煌びやかな扉が見られます。文化団体Artifexによる見学ツアーもあります。王室のための貴賓室は、アムステルダム、デン・ハーグ、ユトレヒトのバールン駅にのみ設けられています。

貴賓室のすぐ隣にある『グランカフェ・ファーストクラス』は、かつての一等車の待合室を改装したレストランです。高い天井や豪華な内装は、19世紀にカイパースがデザインしたものです。高級感あふれるラウンジで、良心的なお値段の美味しい食事を楽しめます。

さらに隣の『スターバックス』も、駅舎の内装をそのまま利用しています。レトロな空間で旅の前のコーヒーを味わってみてください。

Information

グランカフェ・ファーストクラスは朝食・昼食・夕食のほか、各種パーティー、コンサート、ミーティングにも利用できます。Photo: Grand Cafe Restaurant 1e klas グランカフェ・ファーストクラスは朝食・昼食・夕食のほか、各種パーティー、コンサート、ミーティングにも利用できます。Photo: Grand Cafe Restaurant 1e klas

アムステルダム中央駅の改札は通り抜けができるので、乗車券がなくても駅構内の見学や、レストラン、カフェ、ショップの利用ができます。

◆オランダ鉄道
Nederlandse Spoorwegen (NS)
https://www.ns.nl

◆アムステルダム中央駅
Station Amsterdam Centraal
Stationsplein 15, 1012 AB Amsterdam

◆Artifexの貴賓室見学ツアー
https://www.artifex.nu/aanbod/bezoek-de-koninklijke-wachtkamers

◆グランカフェ・ファーストクラス
Grand Cafe Restaurant 1e klas
https://m.restaurant1eklas.nl
8:30〜23:00 定休無

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索