page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オランダにはクリスマスが2回やってくる!


11月に始まるクリスマスシーズン

シンタクラースの歓迎パレードに始まるシンタクラース祭は、12月6日まで約1ヶ月間続きます。 シンタクラースの歓迎パレードに始まるシンタクラース祭は、12月6日まで約1ヶ月間続きます。

クリスマスといえば、イエス・キリストの降誕を祝う12月25日ですが、オランダには、もうひとつのクリスマスがあります。12月6日の聖ニコラスの命日を祝う「シンタクラース祭 (Sinterklaasfeest)」です。

聖ニコラスはオランダ語で「シンタクラース (Sinterklaas)」と呼ばれ、11月半ばの日曜日に、従者の「ズワルト・ピート (Zwarte Piet)」を引き連れて、スペインからオランダへ蒸気船でやってきます。オランダ人は国をあげてシンタクラースを歓迎し、各地で歓迎パレードが開催されます。

アムステルダムでは水上パレードの後、白馬に乗ったシンタクラースが市街地を巡り、ズワルト・ピートたちが集まった子供たちにお菓子を配り歩きます。アムステルダムの歓迎パレードは40万人もの人々で賑わい、毎年テレビで生中継されています。

一番のお楽しみは「聖ニコラスの晩」

子供たちはシンタクラースの歌を歌って眠りにつきます。 子供たちはシンタクラースの歌を歌って眠りにつきます。

12月5日の「聖ニコラスの晩 (Sinterklaasavond)」に子供たちは、自分の靴を暖炉の傍かリビングルームに置き、シンタクラースへの手紙と、白馬のためのニンジンを入れておきます。眠りについた後に、シンタクラースが屋根の上にやってきて、煙突や窓から入ってきたズワルト・ピートが、靴の中にプレゼントやお菓子を入れてくれると信じているのです。

オランダの子供たちが心から待ち焦がれるシンタクラースですが、悪い子にはお仕置きが待っています。シンタクラースの大きな赤い本には、子供たちの行いが記録されていて、悪いことをした子は袋に詰められ、スペインに連れて行かれてしまいます。このお仕置きは、オランダがスペインの支配下にあった頃の、「悪い子はスペインに連れていかれるぞ!」という脅し文句が起源になっているようです。

真面目なシンタクラースと陽気なサンタクロース

シンタクラース(右)と従者のズワルト・ピート。近年では顔を黒く塗ったズワルト・ピートの外見をめぐり人種差別についての論争が起きています。 シンタクラース(右)と従者のズワルト・ピート。近年では顔を黒く塗ったズワルト・ピートの外見をめぐり人種差別についての論争が起きています。

シンタクラースこと聖ニコラスは3、4世紀に実在した人物で、ローマ帝国のミラ(現在はトルコのデムレ)の大主教でした。貧しい娘を助けるために密かに持参金を恵むなど、身の上を明かすことなく施しを与える逸話が数多く伝えられています。

この聖ニコラスの「秘密の贈り物」の伝説が、子供たちにプレゼントを運ぶシンタクラースの起源になりました。シンタクラースは、17世紀のアメリカに入植したオランダ人によって新大陸に伝わり、やがて現在のサンタクロースに変化しました。

サンタクロースといえば、赤い服を着たニコニコ笑顔の太ったお爺さんが、トナカイの引くソリで空を駆けていくのが現代のイメージです。一方でオランダのシンタクラースは、威儀正しい謹厳な老人で、アメリゴという名の白馬にまたがっています。伝統的な僧正の祭服の上に赤いケープをまとい、司教冠をかぶり、左手薬指のルビーの指輪や、金色の司教杖も特徴的です。

シンタクラース祭のお菓子

クラウドノーテン、ショコラーデレテル(上)とスペキュラース クラウドノーテン、ショコラーデレテル(上)とスペキュラース

オランダにはクリスマスシーズンの特別なお菓子があります。「クラウドノーテン (kruidnoten) 」は、ボーロのようなコロンとした形のジンジャークッキーで、ズワルト・ピートが子供たちに配るお菓子のひとつです。「スペキュラース (speculaas)」は、白胡椒やシナモン、ナツメグなどが入ったスパイスクッキーで、パリパリとした食感と聖ニコラスにちなんだ型押しが人気です。アルファベット型のチョコレート「ショコラーデレテル (chocoladeletter)」は、家族や友人のイニシャルを選んでプレゼントします。

シンタクラース祭のお菓子は、スーパーやデパートで購入できます。体の温まるホットチョコレート (warme chocolademelk) や、ホットワイン (gluhwein) もお勧めです。

2回目のクリスマスと冬のイベント

12月にはアムステルダムを始め各都市でクリスマスマーケットが開催されます。 12月にはアムステルダムを始め各都市でクリスマスマーケットが開催されます。

オランダ人にとって12月25日のクリスマスは、家族と過ごす大切な日です。翌日の26日と併せて祝日のため、多くの店舗や観光施設がお休みになります。クリスマス時期にオランダを訪れる方はお気をつけください。

12月はオランダ各地で冬のイベントが開催されます。「アムステルダム・ライト・フェスティバル」では運河が光のアートで彩られ、ドルドレヒトの旧市街では2.5kmのルートに300店舗が並ぶ、オランダ最大規模のクリスマスマーケットが開催されます。マーストリヒト郊外のファルケンブルグでは、マール石採掘場跡を会場にした、ユニークな「洞窟クリスマス・マーケット」も開催されています。

Information

クローブやアニスなどの香辛料、砂糖、ハチミツを入れて温めたホットワインは「グリューワイン (glu:hwein)」と呼ばれクリスマスマーケットで楽しむことができます。 クローブやアニスなどの香辛料、砂糖、ハチミツを入れて温めたホットワインは「グリューワイン (glu:hwein)」と呼ばれクリスマスマーケットで楽しむことができます。

◆アムステルダムで開催されるシンタクラースのイベント
SINT IN AMSTERDAM
https://www.sintinamsterdam.nl

◆アムステルダム・ライト・フェスティバル
Amsterdam Light Festival
https://amsterdamlightfestival.com/en
2018年11月29日-2019年1月20日

◆ドルドレヒトのクリスマスマーケット
Kerst Markt Dordrecht
https://kerstmarktdordrecht.nl
2018年12月14日-16日
アクセス:アムステルダム中央駅からVlissingen方面行きICで1時間32分

◆ファルケンブルグの洞窟クリスマス・マーケット
Kerstmarkt Gemeentegrot in Valkenburg
https://www.kerststadvalkenburg.nl
2018年11月16日-12月23日
住所:Cauberg 4, 6301 BT Valkenburg
アクセス:マーストリヒト駅からHeerlen方面行きStoptreinで12分Valkenburg駅下車徒歩13分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/01/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索