page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オランダ旅行中の強い味方!日本食材店『Shilla』


おにぎりやお味噌汁、和食が恋しくなったら日本食材店へ

ヘルダーランドプレインは食料品や生活雑貨、衣類などがそろうショッピングモールです。 ヘルダーランドプレインは食料品や生活雑貨、衣類などがそろうショッピングモールです。

海外旅行中に和食を食べたくなることはありませんか?現地の料理も美味しいのですが、パンや脂っこい肉料理ばかり続くと、日本の素朴なおにぎりやお刺身が恋しくなります。体調を崩してしまった時も、心身を癒してくれるのは食べ慣れた日本のお粥やスポーツドリンクです。

アムステルダムにはスーパーマーケットやアジア食材店など、日本食材を購入できるお店がいくつかあります。中でもお勧めなのは、アムステルダム南区のショッピングモール『ヘルダーランドプレイン (Gelderlandplein)』にある日本・韓国食材店『Shilla』です。

現地在住の日本人もよく利用する『Shilla』

日本国内よりも少々お値段は高めですが、旅の疲れを癒してくれるのはやはり和食です。 日本国内よりも少々お値段は高めですが、旅の疲れを癒してくれるのはやはり和食です。

Shillaが店を構えるアムステルダム南区は、日本企業も多数入るワールドトレードセンターを擁し、さらに日本人コミュニティのあるアムステルフェーンに隣接しています。日本企業駐在員や、その家族もよく利用することから、Shillaでは日本の野菜や肉、魚などの生鮮食品も購入できます。

ご飯、調味料、お菓子、お酒など、Shillaの日本食材の品揃えはアムステルダム随一です。インスタント食品やレトルト食品も充実しているので、日本から持参したお味噌汁やお茶がなくなりそうな時はストック補充できます。和食レストランに行くほどではないけれど、カップ麺やスナックなど、ちょっとした夜食やおつまみが欲しいという方にもお勧めです。

和食を満喫したらお土産ショッピングへ

醤油やドレッシングといった調味料、ふりかけなどは外食の際にも使えて便利です。 醤油やドレッシングといった調味料、ふりかけなどは外食の際にも使えて便利です。

2017年にリニューアルしたShillaの店内には、明るく開放的なイートインスペースがあります。お寿司やお惣菜、お弁当はテイクアウトもできるので、天気の良い日はピクニックも楽しめます。近隣のアムステル公園 (Amstelpark) やベアトリクス公園 (Beatrixpark) に出かけてみてください。

ヘルダーランドプレインにはShillaの他にも、串焼きでお酒が飲める『居酒屋たぬき』や、タイ料理・ベトナム料理のレストランがあります。バラマキお土産を購入できるスーパーマーケットや、ダッチデザインの雑貨がそろうHEMAもあり、観光客にとって便利なショッピングモールです。子供の遊び場もあるので、小さなお子様連れにも嬉しい施設です。

現地での自炊も旅の楽しみのひとつ

Shillaでは和食器や日本の調理器具も購入できます。 Shillaでは和食器や日本の調理器具も購入できます。

近年、旅のスタイルが多様化し、海外旅行中の自炊も珍しくなくなりました。アムステルダムでもキッチン付きのホテルやコンドミニアム、アパートメントのニーズが高まっています。

現地の新鮮な食材を調理するため、和食を食べるため、子供のため、体調管理や食事制限のためなど、海外旅行中の自炊は様々なシーンで役に立ちます。アムステルダムで和食が恋しくなったら、ぜひShillaに足を運んでみてください。

◆Japans-Koreaans Delicatessen Shilla
https://www.gelderlandplein.nl/winkelcentrum/winkels/shilla/
住所:Gelderlandplein 32-34, 1082 LB Amsterdam
アクセス:アムステルダム南駅よりバス62番Gelderlandplein Nrd.下車
営業時間:月11:30-19:00, 火-金9:30-19:00, 土9:30-18:00, 日12:00-17:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索