page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アムステルダム・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

2019年夏オープン アムステルダムの便利なプチホテル「Cityview」


掲載日:2020/08/07 テーマ:安宿 行き先: オランダ / アムステルダム

タグ: プチホテル 街歩き 新しい


目印は黒い小さい看板 買い物スポットの脇に建つ新しいホテル

左に見えるのがCityviewホテル。ここは静かな路地です。運河はすぐそこです 左に見えるのがCityviewホテル。ここは静かな路地です。運河はすぐそこです

2019年夏、12部屋ある小さい3つ星ホテル「Cityview」がアムステルダム中央駅から歩いて10分かからないところにオープンしました。ホテルからアンネフランクの家までは徒歩12分、王宮までは徒歩13分です。

雑貨屋やカフェやレストランが並ぶハールレンメル通り(Haarlemmerstraat)は地元の人たちにも観光客にも人気のショッピング通りで、「Cityview」ホテルはそこから一歩入った路地にあります。黒い看板が出ているので、すぐ見つけられます。この路地はとても静かです。レセプションが24時間対応で安心できます。

建物自体は古いですが、全面改装してのオープンでホテル内は真新しいです。

コンパクトな寝室は、必要なものがほぼすべてある

シングルルーム(8 m2)の例 シングルルーム(8 m2)の例

部屋は、シングルルームが大小2タイプ、ダブルルームが大小2タイプです。

筆者は1番小さい8 m2のシングルルームに泊まりました。この部屋はかなりコンパクトです。ベッドが床ではなく、一段上がった場所にあります。冷蔵庫と電気ケトルはありませんでしたが、セーフティーボックスやヘアドライヤーはありました。ダブルルーム大は18m2ですので、空間的余裕はあると思います。

トイレやシャワーも新しく、新しさ・奇麗さを重視する人、またホテルでくつろぐというより、とにかくぐっすり眠れることを重視する人にはよいホテルでしょう。いろいろなホテル予約サイトを見ても、場所が便利、とても奇麗、必要なものがほぼすべてあるのでよかったという宿泊者からの評価が多いです。

軽い朝食は無料サービス

左)レセプション 右)セルフサービスの朝食 左)レセプション 右)セルフサービスの朝食

ホテル内にレストランはありません。朝食はパン類とコーヒー・お茶が無料でついています。地下に用意してあるので、セルフサービスで取ってきて部屋で食べるというスタイルです。

レセプションのスタッフは常時1名でした。シフト勤務で数人のスタッフに会いましたが、どの人もとても親切です。ホテル予約サイトの宿泊者のコメントでもスタッフの対応がいいと評価されています。荷物ももちろん預かってもらえます。

世界遺産の運河周辺「北のべネツィア」散策にも非常に便利

ホテルのすぐそば、運河に沿って散歩するのも楽しいです ホテルのすぐそば、運河に沿って散歩するのも楽しいです

オランダといえば、やはり運河のある景色を楽しみたいですね。「Cityview」の目と鼻の先でも、写真のような絵になる住人たちの日常が見られます。

ホテルからハールレンメル通りと反対側に行くとすぐ、アムステルダムの主要運河の1つであるケイザー運河 (Keizersgracht)に出ます。「皇帝の運河」という意味で、この辺りは「北のべネツィア」とも呼ばれるほど美しく、世界遺産に登録されています。他の観光スポットと合わせて、この辺りも朝に夕にとぜひ散策してみましょう。

ホテル情報

ホテル外観 ホテル外観

■Cityview Hotel
住所:Binnen Wieringstraat 7-9, 1013 EA Amsterdam
電話:+31 20 627 4390
URL: www.cityviewhotel.nl/en

*上記公式ウェッブサイトには、シングルルームの大、ダブルルームの大小のみが掲載になっていますが、ホテル予約サイト各種には筆者が利用したシングルルーム(8 m2)も掲載され、予約を受け付けています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/08/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索