自然に優しくエコ旅行

目的地に到着したあと、どんな交通手段を使ってその街を観光しますか。隅々まで歩いて回ることも、観光バスに乗って足早に回ることもできます。選択肢の一つに、自転車のレンタルを追加してみませんか。街の規模や地形にもよりますが、ヨーロッパの首都レベルの街や、地下鉄も走っているような規模の街に便利なのは、自転車だと思います。町全体を把握するのに、歩いて回るには少し大きすぎます。観光バスもいいですが、自分で道を調べながら回る自転車は、より思い出に残ることと思います。

便利に観光するために、自転車をレンタルしよう! 便利に観光するために、自転車をレンタルしよう!

世界一の国で、レンタル自転車

人口ひとりあたりの自転車保有率世界一の国、オランダ。首都アムステルダムを観光するなら、自転車が一番便利です。土地は平坦なので自転車に慣れていない人も、気軽に乗れるでしょう。住民の自転車利用が高いので、自転車専用道路もひかれていて、便利です。街の中では、駅周辺などで、自転車のレンタルショップを簡単に探すことができるでしょう。市も自転車観光を推進していますから、自転車で回れる地図を観光インフォメーションでもらえます。1日借りて、だいたい10ユーロ(約1450円)と安価です。

観光客でも、市民の足を借りてみましょう

自転車レンタルして街を回ったのは、オーストリアのウィーンでのこと。借りる手順はとても簡単でした。インフォメーションへ行って、パスポート番号、保証のクレジットカード番号、1ユーロ(約145円)を払いました。それだけで、街の各所にある貸し出しステーションから自転車をレンタルできました。1時間以内に返せば、使用料は無料になりました。それ以上使いたい場合は、一度返してまた借りれば無料で済みます。住民が使っている無料レンタルを観光客達も利用できる、そんな太っ腹なシステムを持つ街は珍しいと思います。

レンタル前の、自転車のチェックが大事

自転車に乗るまえに、ブレーキのチェック、サドルの高さを調整します。当たり前のことのようですが、これが大事です。考えられないような、おかしな壊れ方をしているものにあたるとその後のサイクリングの旅が台無しですから。夏でしたが、風を切って街を走るのは、とても快適でした。観光スポットから次のスポットまで、簡単に移動できて、便利でした。建物の中に入ってじっくり鑑賞するのは別の日にして、街の全体を把握するのに使えました。最後は、携帯で最寄の貸し出しステーションを見つけ、無事に1時間以内に返却できました。