page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

欧州旅行に人気エアライン「KLMオランダ航空」を選ぶ理由


ノンストップ直行便でヨーロッパへひとっ飛び、4月からは増便も

便利で楽しいスキポール空港。KLMのマイレージはフライングブルーまたはスカイチームで貯まります。 便利で楽しいスキポール空港。KLMのマイレージはフライングブルーまたはスカイチームで貯まります。

旅行シーズンとなる春から秋のヨーロッパへの旅。せっかくならばエアラインは乗り継ぎの利便性も考えて選びたいものです。たとえばオランダを拠点にして旅するなら、アムステルダム乗り継ぎでヨーロッパ各都市へのアクセスが便利な「KLMオランダ航空」をおすすめします。KLMは日本からアムステルダムへ唯一の直行便を運航。4月からの春夏期間、成田〜アムスのフライトは従来の毎日1便運航に加え、火・金・日曜の3便が増えて週10便となり、増便では最新鋭機材ボーイング787が使用されます! 周遊の場合は、トランジットの際に24時間以上滞在できるストップオーバーも意識してチケットを選びましょう。

スキポール空港から各都市への乗り継ぎもスムーズ

写真は6月半ばのアムステルダム市街、気持ちの良い季節です。 写真は6月半ばのアムステルダム市街、気持ちの良い季節です。

成田や関空からのアムステルダム行き直行便は、出発は午前11時台、スキポール空港へは15時〜15時半に到着します(2019年3月現在)。着いたその日の夕方、明るいうちから街へ繰り出しゆっくりと散策やディナーを楽しめます。スキポール空港からヨーロッパ17の主要都市へ乗り継ぐとしても、待ち時間は少なくスムーズに乗り継げ、1時間以内もしくは2時間以内で各都市へ到着。いずれも同日到着です。数あるヨーロッパ系キャリアの中でもこのエアラインが「ワンランク上」として筆者が支持する理由は、まずは高い安全性と定時運行。かつ最新機材の保有率と、足元の広い座席、大きな16インチスクリーン、オランダらしさが感じられる機内インテリアやクルーのフレンドリーな対応でしょう。

ソーシャルメディアで24時間サポート

まずはハイネケン。それも250mlのちょうどよいサイズです! まずはハイネケン。それも250mlのちょうどよいサイズです!

食事もなかなかです。昨年のフライトでは、エコノミーのランチのトレーにはオランダの伝統陶器デルフト焼をイメージした青と白の紙シートが敷かれ、プラスチックコップにはチューリップがデザインされていました。またKLMオランダ航空は、Facebook、メッセンジャー、ツイッターなどのソーシャルメディアを通じて、24時間365日サポートを提供しています。 筆者は2018年にKLMを利用した際、オンラインチェックインの座席指定に関してメッセンジャーでさまざまな質問をしてみました。深夜3時にも関わらず、すぐに返信がきた時には感動でした! それもキメ細やかで真心こもった対応です。エアラインによって違っていますが、KLMの場合は、出発の30時間前から(米国発着便の場合は24時間前から)スマホで好きな座席を選べ、さまざまなリクエストが可能です。個人情報は、必ず非公開メッセージでやりとりしましょう。

チューリップも鮮やかで、楽しすぎるスキポール空港!

カラフルな色に溢れる、スキポール空港のショッピングエリア カラフルな色に溢れる、スキポール空港のショッピングエリア

皆さん、それぞれ世界にお気に入りの空港があると思います。筆者は去年2度スキポール空港を利用してその華やかさや使いやすさに驚き、スキポール空港が大好きな空港のひとつになりました。まずは市内へのアクセスは約20分、空港ロビーから列車ホームへ歩いて5分もかからないことなど。そしてショッピングエリアが充実していることです。とくにチューリップ専門店「HOUSE OF TULIP 」はいつ行っても艶やかなつぼみのチューリップや球根、種がズラリと並び、目を奪われます。チーズの詰め合わせやワッフルなどオシャレな地元グルメなら「FINE FOOD」。雑貨も、オランダらしい木靴のミニチュアや5輪挿しの花瓶、チューリップ型バッグなどインスタ映えもします。空港で過ごす時間も旅の楽しみのひとつですよね。春から夏の旅行シーズンは、KLMオランダ航空のフライトでヨーロッパの旅を楽みませんか?
●取材協力 KLMオランダ航空 www.klm.co.jp

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/16)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索