安いエアラインを使うと乗り継ぎ時間が

旅には予算設定がつきものです。その予算内の中で、どこを節約し、どこを贅沢するかは個人の選択ですよね。私はフライト料金をケチる派で、日程に余裕がある旅行では、長いフライトや待ち時間はさほど苦痛ではありません。その分、現地での食事代やショッピングに使いたいと考えるタイプです。安い航空券を買ったがために、空港で乗り継ぎのために何時間も過ごしたことがあります。空港での過ごし方をマスターしたら、乗り継ぎ時間の不満や疲労は最小限にすみます。

せっかくだから、フライト乗り換え地で楽しもう! せっかくだから、フライト乗り換え地で楽しもう!

乗り継ぎ時間に一攫千金!

空港について事前にインターネットなどで調べておくことが、空港滞在時間を楽しむコツです。休眠室があるとか、シャワー室があるとか、フリーのインターネットが繋がりやすいか、など。そういった設備が整った空港を経由するエアラインを選ぶのもいいのではないでしょうか。例えば、エミレーツ空港が経由するドバイ。ここには、1時間単位で利用できるホテルが隣接されています。また、1000人に1人に高級車が当たる宝くじが有名で、1ドルから購入できます。さすが石油バブルな国の空港は、滞在も飽きさせません。

空港から街が近い都市を選びましょう

とはいえ、長い乗り継ぎ時間を空港で滞在するのは最後の手段です。せっかくなら、空港から外に出て市内へ出かけてみましょう。空港から市内に近いことがポイントです。ヨーロッパですと、オランダのアムステルダムは優秀で、空港からの電車で中心地まで20分ほどで行けます。数時間の乗り継ぎ時間があれば、外出しても楽しいと思います。あえて、日帰りで遊びに行ける中継地のエアラインを選ぶのもいいかもしれませんね。待ち時間を「待つ」のではなく、積極的に活用しましょう。

どうせなら、1泊以上滞在する

日帰りの市内観光でもしていたら、あっという間に乗り換えの時間は過ぎてしまいます。どうせならもっと滞在して、本格的に2カ国観光してしまおう?と思ったりしませんか。フライトの乗り換えの場所で、24時間以上滞在することをストップオーバーといいます。乗り継ぎ時間が長めのエアラインであれば、初めからこの種類のチケットを買ってもいいかもしれません。降りて観光し、翌日通常通りチェックイン手続きをして次の訪問地へ向けて搭乗するだけです。乗り換えを利用して滞在地を増やすこんな技、いかがですか。