page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・アーネム・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オランダにパンダ御殿!アウエハンツ動物園


日本もオランダもパンダ年の2017年

お昼寝中のウー・ウェン お昼寝中のウー・ウェン

上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の誕生で、2017年の日本はパンダに沸いた年と言えるでしょう。同じく2017年、オランダでは4月に中国から2頭のパンダ「シン・ヤ」と「ウー・ウェン」が、中部の街レーネンのアウエハンツ動物園に到着。パンダの飼育が許可されたのは、オランダではこの2頭が初めて。2017年のオランダはパンダ初上陸に沸く年だったのです。パンダ君達は手厚い歓待を受け、園内には複合施設「パンダシア」が建造されました。パンダシアの一階はパンダの飼育舎、2階はカフェテリアとお土産屋さん等からなります。建物はなんと8億円近くかけて建設された伝統的な中国式建築。この威風堂々とした豪華さは、飼育舎や施設、パンダ館というよりは「パンダ御殿」と呼んだほうが相応しいかもしれません。

パンダづくしのパンダシア

中国のお城?いいえオランダのパンダの飼育舎です。 中国のお城?いいえオランダのパンダの飼育舎です。

動物園の敷地内に突如として現れる荘厳な中国式建築。これが話題のパンダシアです。中国式のゲートをくぐり、左手が「ウー・ウェン」、右手が「シン・ヤ」の飼育舎です。パンダ達はそれぞれ個室(?)と庭を持ち、マンション住まいの人間より広々とした空間で暮らしています。私達はパンダが外にいるときは外から、中にいるときは屋内から、という風に各方向から見ることができます。動物愛好家やパンダ好きの人は、パンダ・ウォッチングだけで2時間は楽しめてしまうでしょう。まさにパンダ・ヒーリングで癒されます。またパンダシアは企業向けに「ミーティングやプレゼン用にスペース貸し切り」という、ユニークなビジネスプランも提供しています。

チャイニーズ・スナックやパンダのお土産が満載の2階

カフェテリアで春巻きやチャイニーズ・バーガーはいかが? カフェテリアで春巻きやチャイニーズ・バーガーはいかが?

パンダシア上階のカフェテリアでは、オランダ式のスイーツの他にチャイニーズ・スタイルの麺料理やスナックも提供しています。中国ハムを挟んだチャイニーズ・バーガーや、スナック春巻きを試してみてはいかがでしょう。マキアート・パンダシアには生クリームのトッピングがたっぷり。中華風スパイスの利いたクッキーと共に召し上がれ。ラッキーな場合、お庭を散歩するウー・ウェンが窓から見える時があります。
同階のお土産屋さんも、足を踏み入れればパンダ一色。びっしり並んだパンダのぬいぐるみも魅力的ですが、パンダをモチーフにしたスタイリッシュなデザインのバッグやポーチも要チェックです。

見所満載のアウエハンツ動物園

パンダグッズで埋め尽くされたお土産コーナー パンダグッズで埋め尽くされたお土産コーナー

もちろんパンダ以外にもアウエハンツ動物園は見所満載。キリン、象などお馴染みの動物達にも出会えます。特にアシカのショーは必見。観客がアシカ君とボール遊びができる等インタラクティブ型ショーが人気を呼んでいます。園内はバリアフリーも充実。ワンコも入園歓迎のため、愛犬と一緒にパンダや象を見ている入場者もよく見かけます。動物園に住み着いている猫も園内を闊歩し、お客さんにニャーとご挨拶。パンダという世界的アイドルがいても、気さくでアットホームさが魅力のアウエハンツ動物園。パンダのために中国御殿を建ててしまうというユニークな発想は、なかなかお目にかかれないですよね。ただ動物達を見に行くだけではなく、オランダ独特の雰囲気を楽しむために、この動物園は訪れる価値がありますよ。

アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark)

御殿をバックにお食事中のシン・ヤ 御殿をバックにお食事中のシン・ヤ

所在地:Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen
営業時間:通常、午前10時〜午後5時。
4月から10月のホリデーシーズン、午前10時〜午後6時。12月25‐26日、午後4時まで。1月1日、午前11時〜午後5時まで。
入場料:
平日:10歳以上20ユーロ、3歳〜9歳18ユーロ。
土曜:10歳以上22.5ユーロ、3歳〜9歳20.5ユーロ。
日祝日:10歳以上25ユーロ、3歳〜9歳23ユーロ。
ペット(愛犬)5ユーロ。
ホリデーシーズンはネット予約推奨
https://www.ouwehand.nl/en/tickets
行き方:レーネン(Rhenen)駅から徒歩12 分。
アムステルダム中央駅からレーネン駅への行き方:Rhenen行き快速で約1時間20分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/12/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索