世界遺産「スホクラントと周辺の干拓地(スホクラント)」の詳細情報

オランダの世界遺産・名所ガイド

Schokland and Surroundings

スホクラントと周辺の干拓地

名称:スホクラントと周辺の干拓地(オランダ
英語名称:Schokland and Surroundings
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1995年

海水の浸食を防ぐ大堤防とその内側の干拓地

アムステルダム北方のスホクラントは、元はゾイデル海に浮かぶ島であった。15世紀後半までは半島だったが、海水の浸食により切り離されて島となった。19世紀半ばには海没する事態に直面したため、内湾を堤防で塞いで淡水湖にしようと、湾の両岸をつなぐ長さ30qのアフスライト大堤防が建設された。堤防は1932年に完成し、内湾はアイセル湖となった。この堤防建設は、内湾となった湖の一部を農業用干拓地にするためでもあった。スホクラントとその周辺の干拓地は1942年に完成し、広大な耕地が誕生した。島を離れていた人々も戻り、新たな入植者も来て農業を営むようになり、一帯はオランダの新しい州、フレヴォラント州となった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!オランダの世界遺産最新情報

2009/04/24 世界遺産

オランダの世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダ旅行イメージ-世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸 世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダの中央に位置する第4の都市ユトレヒト。ここにユネスコの世界遺産に登録されている文化遺産があります。それがリートフェルト設計のシュレーテル邸(※)です。ユトレヒト出身のヘリット・トーマス・リートフェルトはデザイナーやインテリアコーディネーターにとっては常識ともいえるオランダのデザイナー。代表作「赤と青の椅子」を見れば、「ああこの人のデザインだったのか」と思い浮かぶ方も多いことでしょう。そのリートフェルトがシュレーテル婦人の依頼で設計したのが、今回の記事のリートフェルト設計のシュレーテル邸です。写真を見ると「最近のトレンディな建築かな?」と考えてしまうかもしれません。
続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オランダの世界遺産「スホクラントと周辺の干拓地」についてご紹介します。スホクラントと周辺の干拓地の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。