世界遺産「ベームスター干拓地(ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター)(ドゥローフマーケライデベームスター)」の詳細情報

オランダの世界遺産・名所ガイド

Droogmakerij de Beemster (Beemster Polder)

ベームスター干拓地(ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター)

名称:ベームスター干拓地(ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター)(オランダ
英語名称:Droogmakerij de Beemster (Beemster Polder)
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

オランダ最古の開拓地

アムステルダムの北ホラント州のプルメレンド近郊にある17世紀初期に造られたオランダ最古の干拓地。5年の歳月をかけ、約70 平方キロメートルにおよぶ内海を排水用風車で干拓し、中央、北、西、南東に4区分している。長方形に区画した周囲には、全部で47の水車を備えた水路や堤防、道路などが計画的に配され、田畑、運河、村落が織りなす文化的景観を呈した。その調和した設計は、その後の西欧をはじめとする各地の干拓事業に大きな影響を与えた。もともとはオランダ東インド会社の海外派遣の食糧確保用農地として企図されたものであったが、実際に農業を始めると排水に難点があり、一度は牧草地に転用された。のちに技術の改善を図り、現在は温室を使った花卉などの園芸農業が営まれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!オランダの世界遺産最新情報

2009/04/24 世界遺産

オランダの世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダ旅行イメージ-世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸 世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダの中央に位置する第4の都市ユトレヒト。ここにユネスコの世界遺産に登録されている文化遺産があります。それがリートフェルト設計のシュレーテル邸(※)です。ユトレヒト出身のヘリット・トーマス・リートフェルトはデザイナーやインテリアコーディネーターにとっては常識ともいえるオランダのデザイナー。代表作「赤と青の椅子」を見れば、「ああこの人のデザインだったのか」と思い浮かぶ方も多いことでしょう。そのリートフェルトがシュレーテル婦人の依頼で設計したのが、今回の記事のリートフェルト設計のシュレーテル邸です。写真を見ると「最近のトレンディな建築かな?」と考えてしまうかもしれません。
続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オランダの世界遺産「ベームスター干拓地(ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター)」についてご紹介します。ベームスター干拓地(ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター)の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。