世界遺産「リートフェルト設計のシュレーダー邸(シュレーダー邸)」の詳細情報

オランダの世界遺産・名所ガイド

Rietveld Schroderhuis (Rietveld Schroder House)

リートフェルト設計のシュレーダー邸

名称:リートフェルト設計のシュレーダー邸(オランダ
英語名称:Rietveld Schroderhuis (Rietveld Schroder House)
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

オランダで興った芸術運動の推進者ヘリット・トマス・リートフェルトの建築作品

オランダ中央のユトレヒトにあるシュレーダー邸は、建築家・家具デザイナーのヘリット・トマス・リートフェルトが、1924年、銀行家シュレーダーの未亡人の依頼によって設計したものである。内部空間と外部空間の流れるようなつながり、2階の開放的な平面計画、そして視覚に訴える色彩の使用の3点が、この住宅の特徴である。リートフェルトは画家のモンドリアンらと、第一次世界大戦後の幾何学的芸術運動「デ・スティル」の活動を展開。モンドリアンの絵をそのまま建築に移したようなシュレーダー邸のたたずまいは、周りの建物の中でもひときわ異彩を放つもので、彼の「建築が創造するのは空間である」という言葉を象徴している。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!オランダの世界遺産最新情報

2009/04/24 世界遺産

オランダの世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダ旅行イメージ-世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸 世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダの中央に位置する第4の都市ユトレヒト。ここにユネスコの世界遺産に登録されている文化遺産があります。それがリートフェルト設計のシュレーテル邸(※)です。ユトレヒト出身のヘリット・トーマス・リートフェルトはデザイナーやインテリアコーディネーターにとっては常識ともいえるオランダのデザイナー。代表作「赤と青の椅子」を見れば、「ああこの人のデザインだったのか」と思い浮かぶ方も多いことでしょう。そのリートフェルトがシュレーテル婦人の依頼で設計したのが、今回の記事のリートフェルト設計のシュレーテル邸です。写真を見ると「最近のトレンディな建築かな?」と考えてしまうかもしれません。
続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オランダの世界遺産「リートフェルト設計のシュレーダー邸」についてご紹介します。リートフェルト設計のシュレーダー邸の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。