世界で最も美しい春の花の楽園!キューケンホフ公園

オランダ・ライデン・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

世界で最も美しい春の花の楽園!キューケンホフ公園

掲載日:2008/02/22 テーマ:観光地・名所 行き先: オランダ / ライデン ライター:ミツフィ

タグ: 公園 美しい



ABガイド:ミツフィ

【オランダのABガイド】 ミツフィ
全ガイドを見る
東京で外資系企業のデザイン部勤務後、オランダ人との国際結婚でオランダ在住。現地でデザイナー、絵師、ライター、コーディネーター等従事。オランダ人に囲まれた環境の為、旅行、グルメ、歴史、音楽、アート、サッカー等ネイティブ仕込みのオランダ情報を幅広く配信。職業柄アニメ等、海外での日本ブームにも詳しい

オランダが誇る世界最大級の春の庭園 オランダが誇る世界最大級の春の庭園

オランダ名物チューリップの名所。キューケンホフ公園

オランダと聞くと大抵の人が風車とチューリップを連想します。オランダの風景を代表するチューリップを見に行きたいという方はたくさんいるはず。
やはり春のオランダでチューリップを楽しめるスポットといえば、キューケンホフ公園でしょう。
既に御存知の方もいると思いますが、キューケンホフ公園はオランダで一番有名なスポットであり、そして世界で最も美しいとも言われている春の庭園です。

 

庭園の周囲もチューリップ畑 庭園の周囲もチューリップ畑

世界最大の春の球花庭園

毎春世界中の観光客を魅了し続けるキューケンホフ公園。この世界最大級の花の展示会は2008年で第59回目を迎えます。約32ヘクタールの園内には、チューリップやヒヤシンス、水仙、クロッカスなどの球根花がいちめんに咲き誇り、まさに花の饗宴。また屋内展示会場では、花産業の先進国オランダならではのアーティスティックなフラワー・アレンジメントの数々。
屋外・屋内共に写真撮影の絶好のスポットで、シャッターを押す指がなかなか止まりません。

 

庭園内 庭園内

球根産業推進と観光資源のコラボレーション

キューケンホフ公園の敷地は、もともとは中世から続く貴族の領地でした。
1949年当時のリッセ市長と球根産業界により、球根産業の推進のため花の屋外展示会の開催が企画されます。その開催場所がキューケンホフ公園です。
毎年3月の最後の週から5月中旬までの開催となっているのは、春の球根花の展示目的の為でもあるからです。公園全体の花の品質の高さは、ただ花が植えてあるだけでなく、業者同士がハイブリッドな品種を発表し合う場所でもあるからですね。

 

屋内展示も花の饗宴 屋内展示も花の饗宴

花の楽園で美しい色彩に囲まれ夢見る一日を!

そして現在に至るまで、産業推進の展示会と観光資源とのコラボレーションが見事に成功し続け、毎年世界中からの人々で賑わっています。開催から58年間で、世界中から実に4200万人もの人々が、この花の楽園を訪れました。
大人から子供まで誰もが花々の美しさを楽しみ、春を謳歌する。
園内には花々を眺めながら食事やドリンクを楽しめるテラスもあります。
オランダの春は世界最大級の花の楽園キューケンホフで、花の饗宴を堪能してみませんか。

 

庭園内 庭園内

【関連情報】キューケンホフ公園

■ Keukenhof
Stationsweg 166a 2161 AM Lisse
電話:0252 465 555
Fax: 0252 465 565
開園期間(2008年):3月20日〜5月18日
開園時間:8:00〜19:30
入園料:大人:13.50ユーロ、子供(4〜11歳まで): 6ユーロ
交通:ライデン駅からバス50番でeikenlaan下車徒歩10分。
またはバス57番でkeukenhofdreef下車徒歩10分。
開催期間中のみスキポール空港から直通バス58番。

(日程等の情報は2008年2月11日現在のものです。予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/22)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事