page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・マーストリヒト・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

やっぱりフェス最高!由緒あるロックの祭典PINKPOP


掲載日:2010/04/28 テーマ:祭り・イベント 行き先: オランダ / マーストリヒト

タグ: すごい! たのしい イベント 音楽 夏にオススメ


欧州で最初のロック・フェスの開催地、オランダ

オランダを代表する屋外フェス、PINKPOP オランダを代表する屋外フェス、PINKPOP

季節が暖かくなり、夏が近づくと音楽好きにはたまらない季節になります。日本ではフジロックやサマーソニックなど、わくわくするフェスが目白押しですよね。さて欧州で、そのような夏フェスタイプのロックの祭典が始まった国はご存知ですか?ギネスブックによると、実はオランダなんです。そのオランダのフェスの名前はピンク・ポップ(Pinkpop Festival)。今年で第41回目を迎える由緒あるロック&ポップスの祭典です。

オフィシャルロゴが可愛いロックの祭典

トレードマークはピンクのドレスのお人形さん トレードマークはピンクのドレスのお人形さん

ピンクポップの名前の由来は、フェスがピンクステレン(Pinksteren)の時期に開催されることからきています。ピンクステレンとはオランダ語で聖霊降臨祭のことで、キリスト教の祝祭日です。またオフィシャルのトレードマークは可愛いお人形さん。ポップはオランダ語で人形(pop)のことも意味し、ピンクステレンの日のポップスを、ピンクのドレスのお人形としてかけあわせたものです。オランダならではのポップでユニークなセンスが光りますね。

洋楽好きにはたまらないラインナップ

キーン (Keane) のステージ(2009年) キーン (Keane) のステージ(2009年)

40年もある歴史のなかで、出演した有名アーティストは数知れず。例えば、U2, Lenny Kravitz, Limp Bizkit, Linkin Park, Bjork, Black Eyed Peas, Bruce Springsteen, David Byrne, Foo Fighters, Franz Ferdinand, Gary Moore, Jeff Beck, Joe Jackson, Kaiser Chiefs, Korn, Marilyn Manson, Metallica, Moby, Muse, Oasis, Red Hot Chili Peppers, Snow Patrol…。まだまだ沢山あるのですが、アーティストの名前を挙げるだけで記事が終わってしまうので、ここで止めておきます。とにかく由緒ある海外フェスですから、有名アーティストの出演は当たり前状態で、洋楽好きにはたまらないイベントです。

オランダのエキサイトなフェスを体験してみよう

地元のロッカーと一緒に盛り上がろう 地元のロッカーと一緒に盛り上がろう

今年もラムシュタイン(Rammstein)、グリーン・デイ(GREEN DAY)、ミーカ(MIKA)、ピンク(P!NK)スラッシュ(SLASH)などの有名アーティストが目白押し。オランダといえばゴスメタとシンフォメタ!というロック通の方には、エピカ(Epica)の出演も嬉しいですね。そしてオランダ人はとにかくノリがいいので、毎年大変盛りあがります。洋楽の本場で現地の人々に混ざって音楽に触れる一日。素晴らしい経験になること間違いないでしょう。

ピンクポップ2010(Pinkpop 2010)

日時:2010年5月28,29,30日
所在地:MEGALAND, Hofstraat 13-15, 6372 XC Landgraaf
行き方:マーストリヒトから電車でLANDGRAAF下車。駅からシャトルバス。
価格:3日通し券140ユーロ、一日券75ユーロ
オフィシャルサイト:
http://www.pinkpop.nl/
メール:info@pinkpop.nl
チケット販売URL:
http://www.ticketmaster.nl/pinkpop-tickets/artist/109963
チケット問い合わせ電話番号:+31 43 609 85 00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索