page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

オランダ・ロッテルダム・世界遺産の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

オランダ名物★世界遺産「キンデルダイク・エルスハウトの風車網」を見に行こう!

掲載日:2008/07/11 テーマ:世界遺産 行き先: オランダ / ロッテルダム ライター:ミツフィ

タグ: すごい! 世界遺産



ABガイド:ミツフィ

【オランダのABガイド】 ミツフィ
全ガイドを見る
東京で外資系企業のデザイン部勤務後、オランダ人との国際結婚でオランダ在住。現地でデザイナー、絵師、ライター、コーディネーター等従事。オランダ人に囲まれた環境の為、旅行、グルメ、歴史、音楽、アート、サッカー等ネイティブ仕込みのオランダ情報を幅広く配信。職業柄アニメ等、海外での日本ブームにも詳しい

世界遺産「キンデルダイク・エルスハウトの風車網」 世界遺産「キンデルダイク・エルスハウトの風車網」

オランダ名物風車が連なる。世界遺産「キンデルダイク」

オランダ、と聞くとこの風車の光景が頭に浮かぶ方も多いでしょう。
オランダで一番有名な世界遺産「キンデルダイク(Kinderdijk)」こと、キンデルダイク・エルスハウトの風車網(Mill Network at Kinderdijk-Elshout)は、オランダ名物の風車が特に多く残る地域で有名です。今も19基の風車が回るキンデルダイクは、観光客に人気のスポットです。
キンデルダイクの現存の風車は主に18世紀のもので、写真でみると可愛らしい印象ですが、実際に見てみると高さは30メートル近くあり圧倒されます。

 

高さは30メートル近くある 高さは30メートル近くある

排水の悩みから生まれた灌漑風車

キンデルダイク一帯はポルダーと呼ばれる干拓地です。ライン川の支流レク(LEK)川の堤防を挟んだ南部にあります。堤防の上はMolenkadeという道路になっていて、その上に立つとキンデルダイク側がレク川以北より遥かに低いことが私たちの目でも明らかにわかります。このように低い地域の為、13世紀ごろから排水の問題を抱えていました。そのために灌漑用の風車が数多く建設されました。

 

風車内の巨大な歯車 風車内の巨大な歯車

見事な風車の連携プレー

灌漑用風車の仕組みは、風を受けて回転する羽根により内部の歯車も回転し、下部のポンプが水をくみ出します。くみ出した水は次の地点の風車へと流れ、その風車がまた次の地点の風車へと水を流していく。そして最終的にはLEK川に排出されます。つまりくみ上げた水が、風車の連携により流し出されました。解り易く説明するとバケツリレーの原理です。まさに世界遺産の名の通り「風車網」なのです。
元来水底だった土地は、盛り土のための余分な土はありません。そのためこのように、くみ上げた水を堤防の外に出すという方法で、オランダは何世紀にも渡り国土を広げて来たのです。

 

堤防を挟んでレク川がある。川の位置がキンデルダイク側より高い 堤防を挟んでレク川がある。川の位置がキンデルダイク側より高い

1997年、ユネスコの世界遺産へ登録

キンデルダイクの風車網は1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。その理由は、
-人類の創造的才能を表現する傑作。
-建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
-人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
つまりただ景観が美しいだけではなく、灌漑に使用するというアイデアや技術も評価の対象となっているのです。
キンデルダイクはオランダの干拓の歴史を実感するのに最適な観光地と言えるでしょう。風車の美しい景観に、是非ともオランダの奥深い歴史とオランダ人達の努力を感じていただけでば幸いです。

 

オランダらしい雲に映える風車群 オランダらしい雲に映える風車群

【関連情報】

■世界遺産、キンデルダイク・エルスハウトの風車網(Mill Network at Kinderdijk-Elshout)
行き方:ロッテルダム駅から鉄道ドルトレヒト行きに乗り、ロッテルダム・ロンバルダイン(Lombardijen rotterdam)駅下車。そこからバス90番ユトレヒト行きで40分、Molenkade下車徒歩一分。
エリア内は散策自由。無料。

公開用風車見学 期間:3月から10月、午前9時半から午後5時半、料金 3.5ユーロ

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ロッテルダム格安航空券


ロッテルダム航空券

62,50077,500FIX/OPEN 2都市(オープンジョー区間あり) トルコ航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

ターキッシュエアラインズ/夜発/ウィーン他♪/1ヶ月有効・早割7/途中降機可!

ロッテルダム航空券

87,900104,800FIX/OPEN 2都市(オープンジョー区間あり) トルコ航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

【LTK】 女性ならではの、きめ細やかな手配ならおまかせ!!☆ターキッシュエアラインで行くヨーロッパ

ロッテルダム航空券

90,400107,100FIX/OPEN 2都市(オープンジョー区間あり) トルコ航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

【LTK】 女性ならではの、きめ細やかな手配ならおまかせ!!☆ターキッシュエアラインで行くヨーロッパ

ロッテルダム航空券

94,000104,000FIX 2都市(オープンジョー区間あり) フィンランド航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

【LTK】 女性ならではの、きめ細やかな手配ならおまかせ!!☆9/30迄購入!フィンランド航空で行くヨーロッパ3☆

ロッテルダム航空券

104,900114,900FIX 2都市(オープンジョー区間あり) フィンランド航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

【LTK】 女性ならではの、きめ細やかな手配ならおまかせ!!☆フィンランド航空で行くヨーロッパ3☆

ロッテルダム航空券

105,000135,000FIX 2都市(オープンジョー区間あり) 日本航空指定

  • オンライン可
  • 直行便
  • マイレージあり

★JAL 日本航空★ ヨーロッパ指定都市(3)【3泊〜1ヵ月FIX】


最安値ロッテルダムツアー


最安料金万円

合算 目安 10.20万円10.40万円
旅行代金: 10.2010.40万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
成田発

ロッテルダム ツアー

世界遺産の風車群を見てみたい!!☆アムステルダム・ロッテルダム・デルフト☆オランダ新就航の5つ星カタール航空で行く

ホテル:チューリップ・イン・ロッテルダム(ロッテ…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●オランダ3都市周遊するお手頃ツアー●ロッテルダムからは世界遺産の風車群キンデルダイクに行きたい。●陶器の町、運河の町チャーミングな【デルフト】も魅力●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 20.36万円21.36万円
旅行代金: 18.1018.60万円
燃油目安: 2.262.76万円
6日間
成田発

ロッテルダム ツアー

◆オランダ2都市周遊 ≪マウリッツハイス美術館,ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館とロッテルダムの風車小屋6日間≫どちらの美術館も入場券…

ホテル:ノボテル セントレム 3星ホテル等同等ク…
航空会社:KLMオランダ航空 指定

日程表を見る

■ぜひとも訪ねたい【マウリッツ・ハイス美術館】と【ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館】は、美術好きには、見逃せない美術館です。オランダ国立美術館と並ぶオランダの最高の美術館がある歴史ある美しい…

旅行会社/ブランド:サイクルツアー

合算 目安 22.34万円24.94万円
旅行代金: 20.0822.18万円
燃油目安: 2.262.76万円
8日間
成田発

ロッテルダム ツアー

◆オランダ周遊3都市物語り ≪デンハーグ、ロッテルダム≫とアムステルダム 8日間

ホテル:ノボテル セントレム 3星ホテル等同等ク…
航空会社:KLMオランダ航空 指定

日程表を見る

■一味違うアムステルダム郊外に位置するハーグやロッテルダムに宿泊するプランです。■歴史ある美しいハーグの街に2泊します.≪宮殿の建築物・マウリッツ美術館では、フェルメールやレンブラントなどのオラン…

旅行会社/ブランド:サイクルツアー


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事