どうやったら、こんな形に……。 サイコロ型のアパートメント

世界には、たくさん建築家がいて、いろいろな建築があります。ユニークな建物は、世界中で見かけます。ですが、オランダ、ロッテルダムは、不思議建築の宝庫。ここでは、ユニークな建物をまとめて見ることができます。なかでも、奇抜なことで有名なのがキューブハウスです。建築家ピート ブロムの作品で、1984年に完成しました。巨大なサイコロが、土台に斜めに刺さっているという形です。遠目からでも、インパクト十分。初めて見たら第一声は「何じゃ、こりゃ!」となること請け合いです。

不動産屋もびっくり! ロッテルダムの不思議建築 不動産屋もびっくり! ロッテルダムの不思議建築

海運と建築の町、ロッテルダム。戦後、ますますパワフルに

ロッテルダムにはヨーロッパ最大の港があり、海運の町として古くから栄えていました。大きな港があることから、第二次世界大戦時には攻撃の対象とされ、徹底的に破壊されました。市庁舎や旧郵便局など、戦火を免れた戦前からの建物も残ってはいますが、戦後は近代的な計画都市として生まれ変わったのです。そして、最先端の建築家たちの実験場のようになり、ユニークな建築の宝庫となりました。有名なものにはKPNタワー、エラスムスブリッジなどの現代建築があります。その代表格が、キューブハウスというわけです。

キューブハウスは、内部の見学もできます。泊まることもできます

当初、キューブハウスは、オフィス、店舗、学校、遊び場などを備えたパブリックスペースつきの分譲住宅として売り出されました。サイコロを45度傾けて、持ち上げたような形の住宅です。誰が買うのかと思いきや、アーティストなど芸術に理解が深い人々が買ったのだとか。ですが、風水は、とてもよくなさそうです。現在は、一室が見学者用に公開されていますので、奇抜な外見だけでなく、内部も覗いてみたい方は、ぜひどうぞ。また、さらに、最近、一部がユースホステルになりましたので、キューブハウスに泊まってみたい方、望みが叶います。