ロッテルダムには見ごたえある建造物がたくさん

現在オランダ第二の人口を誇る港湾都市ロッテルダム。この町は第二次大戦中に、ドイツ軍の爆撃で歴史的な建造物の多くが破壊されてしまいます。しかし、戦後の復興とともに近代的な建造物が次々と建てられていきます。最も有名なのは、戦前から残っていて世界遺産にも登録されている近代機能主義建築の傑作、「ファンネレ工場」でしょう。その他にも、一般の観光客も入れる不思議マンション「キューブハウス」や、マース川にかかる「エラスムス橋」、2014年に生まれ変わった中央駅など、とにかく町のあちこちに素晴らしい建造物、奇抜な建造物が並んでいます。そんなロッテルダムの建造物の中で、気軽に入れて観光も楽しめるおすすめスポットが「マルクトハル(マーケットホール)」です。

天井の絵が鮮烈なマルクトハル 天井の絵が鮮烈なマルクトハル

内装がきれいで道が広い、観光客向けの市場

マルクトハルは、スペインなどでよく見かけるような、さまざまな食材売り場が集まった一般的な市場です。ですが、建物がとにかく鮮烈。まず中に入ってみて驚くのが奇抜なデザインの高い天井。全体はドーム型になっていて、花や果物などの絵がびっしりと描かれています。写真を撮るなら、露出などを調整してこの絵がしっかり写るような設定にしておくといいでしょう。また、売り場ひとつひとつもおしゃれな店構えになっていて、売り物を眺めながら歩くだけでも楽しめます。観光客を意識してか、市場にしては通路もかなり広めにとられているので、お子さんをお連れの方も安心してショッピングを楽しめると思います。

食材売り場だけでなく飲食店も充実

これも同じく観光客を意識してか、売り場は生鮮食品ばかりでなく、休憩やランチタイムにちょうど良さそうな飲食店も充実しています。内容もオランダ周辺の料理ばかりでなくさまざまな国の飲食店があり、アジア系のお店もありました。そして、もし「きれいすぎて逆に落ち着かない」という方は、マルクトハルを出てブラーク駅側にある広場にも行ってみてください。ここも露天市場になっていて、屋内よりももう少し「味のある」雰囲気のお店が並んでいます。屋内にも屋外にも持ち帰りのできる食べ物が売られているので、晴れていたら広場に面した公園でランチタイム、なんていうのも良いかもしれませんね。