page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・ハーグ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

行って見て味わおう!オランダ名物ハリング祭り!


掲載日:2008/05/21 テーマ:祭り・イベント 行き先: オランダ / ハーグ

タグ: おいしい イベント 魚料理 名物


ハリングへの感謝は他のヨーロッパ諸国より特別?!

この地方の漁港の女性の民族衣装 この地方の漁港の女性の民族衣装

今や日本の寿司は世界的なグルメとなっていますが、オランダ人も寿司が大好きです。その理由のうちの一つに、伝統的に半生のハリング(北海の小型ニシン)を食べる習慣があるからでしょう。
ハリングは、中世はオランダ経済の発展に大変貢献した魚です。そのためハリングに対する認識は他のヨーロッパ諸国より特別なものがあるようです。

ハリングのお祭りは一大イベント!

ハリング試食コーナーは人だかり ハリング試食コーナーは人だかり

そんなオランダでのハリングのステータスを感じられるお祭りがあります。
それはオランダの有名なビーチ、スフェベニンフェン(Scheveningen)で毎年開催されるニシン祭り「フラフヘチェスダフ(Vlaggetjesdag)」 です。直訳すると「旗の日」。由来は、日本の漁村でもお馴染みの、漁船の旗からきています。
そしてハリングは初夏のこの時期が脂が乗って一番おいしいと言われ、初ハリングの漁獲を祝います。日本の初鰹のようですね。元来は漁村での初ハリング船の到着を祝う儀式でした。

オランダの有名な海岸スフェベニンフェンの有名イベント

魚市場では新鮮な魚が 魚市場では新鮮な魚が

スフェベニンフェンのハリング祭りは、文字通りお祭り。
魚市場では新鮮な魚が売られ、シェフによる魚のクッキングのテレビ中継。海上では漁船や海軍のボートショーやボートレース。会場ではコンサートや子供用のアトラクションなど盛りだくさん。
またスフェベニンフェン地方の伝統的な衣装を身にまとった地元の人々の工芸のデモンストレーションなど、オランダの古きよき時代を垣間見ることも出来、旅行者は必見でしょう。

漁港ならではの美味しい魚料理に舌鼓

海上ではボートレース 海上ではボートレース

そして新鮮といえば、運がよければハリングをさばくデモンストレーションで、無料でハリングにありつけてしまうのです。ただし毎回とは限りませんが。ショーのほかにも、漁港直送の新鮮な魚料理がそこかしこで味わえて、魚好きの日本人には嬉しいイベントです。そしてビーチに移動してヨーロッパのビーチリゾート気分を味わうのも乙なもの。夏ならではの華やいだオランダのビーチを楽しめる一日になりそうですね。

【関連情報】

ハリングの旗から国旗まではためく漁港 ハリングの旗から国旗まではためく漁港

■ニシン祭り「フラフヘチェスダフ(Vlaggetjesdag)」
場所:スフェベニンフェン(Scheveningen)漁港
日時:6月7日(2008年)
開催時間:9:30 〜 19:30
行き方:デン・ハーグ・セントラル(Den Haag Centraal)駅から
トラム17番、またはバス23番で: Van Boetzelaerlaan下車。徒歩3分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索