page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・ユトレヒト・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

花の王国オランダ。フラワーマーケットはいつも花盛り♪


掲載日:2008/06/27 テーマ:ショッピング 行き先: オランダ / ユトレヒト

タグ: ショッピング 市場 美しい


花の王国オランダ

季節の花々でいつも美しい花市 季節の花々でいつも美しい花市

花の王国オランダ。チューリップで有名なキューケンホフは春だけの開園ですよね。「ああ、キューケンホフの後は花が見れないのか?」とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。しかしそれは大きな勘違いです。
なんせ日本にまで花を輸出している国オランダのこと。当然、国内の花市も盛んなのです。花市は全国各地で開かれています。

毎週活気付くユトレヒトの花市

夏はラベンダーの季節 夏はラベンダーの季節

ユトレヒトの花市、ヤンス教会の花市もその一つ。毎週土曜日に教会裏の広場で開かれます。
花市のメリットは、花屋よりも安いこと。閉店間際には両手で抱えるくらいのバラの花束が5ユーロなんて叩き売りも。そのため毎週園芸用品や部屋に飾る花、友人知人に贈る花束を求める市民で賑わっています。
色とりどりの花。切花、鉢植え、ブーケから園芸用品、野菜、種まで何でもそろっています。夏のマーケットは特にラベンダーが多く売られており、花の美しさと香りを楽しめます

フラワーアレンジメントは必須資格

洒落た花束も揃っている 洒落た花束も揃っている

花を愛でるのも楽しいのですが、時折盆栽を見かけることもあり、海外での日本の園芸への関心が高いことが伺えます。
また切花を売るブースではしゃれたブーケもよく見かけます。オランダでは花屋を営むにはフラワーアレンジメントの資格が要ります。そのためどの花屋でも素敵なブーケをそろえているのです。日本では、オランダ式のフラワーアレンジメントを参考にする花屋さんも最近増えてきています。

花が身近にある心豊かな生活

オランダの花束はボリュームたっぷり オランダの花束はボリュームたっぷり

花のある生活が定着しているオランダ。ちょっとしたいお祝いや訪問には花束を贈るのが一般的。美しい花々だけではなく、そんなオランダ生活の一面が垣間見えるのも花市場散策の魅力でしょう。夏はラベンダー、冬はクリスマスリースなど、季節感も楽しめる花市。見るだけでも楽しい花市場は、買い物だけではなく散歩コースとしても親しまれています。庭園とは一味違った魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

【関連情報】ヤンス教会の花市

ヤンス教会の花市の光景 ヤンス教会の花市の光景

場所:ヤンス教会
Janskerkhof, Utrecht
行き方:ユトレヒト駅から徒歩15分
時間:毎週土曜日、午前8時ごろから午後5時ごろまで

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索