page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オランダ・ユトレヒト・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

あの有名人も来た!素敵な音を奏でる宝石箱。オルゴール博物館


掲載日:2009/03/12 テーマ:美術館・博物館 行き先: オランダ / ユトレヒト

タグ: すごい! 音楽 博物館


まるでオルゴールの中にいるような、素敵な博物館

まるでお城みたい。豪華なダンスホール用ジューク・ボックス まるでお城みたい。豪華なダンスホール用ジューク・ボックス

ユトレヒトにある国立オルゴール博物館はオランダ国内だけではなく外国人観光客にも人気の素敵な博物館。
カリヨン、オルゴール、音楽時計、自動演奏ピアノ、ストリート・オルガン、ジューク・ボックスなど、18世紀から今日までの様々な自動演奏楽器のコレクションで有名です。
オープンは1956年。建物は由緒ある中世の教会を使用したもので、内装も一見の価値があります

ガイドツアーもアットホーム

気さくなガイドさんの説明に子供達も興味津々 気さくなガイドさんの説明に子供達も興味津々

オランダ語ではNationaal Museum van Speelklok tot Pierementと言います。Speelklok(スペールクロック)とは音楽時計の意味、そしてPierement(ピエレメント)とはオランダ語でストリート・オルガンのことです。
ガイドツアーが一時間おきに出ていて、ガイドさんが様々な楽器の音色を聴かせてくれます。ガイドさんは、時には手回しオルガンに合わせて歌まで披露してくれ、見学者達は拍手喝さい。実に心温まるツアーなのです。

ゴッホからあの有名人まで?!

いかにもオランダらしい。ゴッホがひまわりを描くオルゴール いかにもオランダらしい。ゴッホがひまわりを描くオルゴール

誰もいないのに演奏するピアノ、人形達が陽気に踊るストリート・オルガン、そしてゴッホがひまわりの絵を描きながら音色が響くオルゴールなど、見所が沢山。圧巻なのはダンスホール用の豪華で巨大なジューク・ボックス。中から響いてくる楽しげなダンスナンバーに私たちも思わずステップを踏んでしまいそう。

そしてこの博物館には、なんとあの有名人も訪れたのです!
あの有名人とは一体???

懐かしいものを思い起こさせてくれる音の宝石箱

マイケル・ジャクソンが欲しがった噂のストリート・オルガン マイケル・ジャクソンが欲しがった噂のストリート・オルガン

有名人とはアメリカのスーパースター。マイケル・ジャクソンです。
マイケルはこの博物館の一台のストリート・オルガンを大変気に入り、「お金に糸目はつけないから是非とも売って欲しい」とまで申し出たそうです。もちろん文化財なので博物館側は丁寧にお断りしたそうですが、セレブから「お金に糸目をつけない」なんて言われたら、庶民の私たちは心動いてしまいそうですよね。
教会のアンティークな館内で流れるストリート・オルガンやオルゴールのメロディー。音の宝石箱の中にいるようなオランダの中世の街の博物館。何か懐かしい、忘れかけていたものを思い起こさせてくれる。そんな魔法にあなたもかかってみてはいかがですか?

【関連情報】

おとぎの国の玄関のようなオルゴール博物館入り口 おとぎの国の玄関のようなオルゴール博物館入り口

■国立オルゴール博物館(Nationaal Museum van Speelklok tot Pierement)
所在地:Steenweg 6 3511 JP Utrecht
電話:+31 (0)30 231 27 89
Fax :+31 (0)30 232 22 85
開館時間:火曜から日曜:午前10:00 から 午後5:00まで
休館日: 月曜、1月1日、12月25日
料金:大人8ユーロ
4歳から12歳まで 4.5ユーロ
行きかた:ユトレヒト駅から徒歩約10分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索