モンドリアンからダッチ・デザインまで。デ・ステイル100周年

オランダ・ユトレヒト・祭り・イベントの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

モンドリアンからダッチ・デザインまで。デ・ステイル100周年

掲載日:2017/06/07 テーマ:祭り・イベント 行き先: オランダ / ユトレヒト ライター:ミツフィ

タグ: ためになる 一度は見たい 建築 国宝 世界遺産 美術館 名画 歴史



ABガイド:ミツフィ

【オランダのABガイド】 ミツフィ
全ガイドを見る
東京で外資系企業のデザイン部勤務後、オランダ人との国際結婚でオランダ在住。現地でデザイナー、絵師、ライター、コーディネーター等従事。オランダ人に囲まれた環境の為、旅行、グルメ、歴史、音楽、アート、サッカー等ネイティブ仕込みのオランダ情報を幅広く配信。職業柄アニメ等、海外での日本ブームにも詳しい

ユトレヒトの旧運河に出現したリートフェルトの椅子 ユトレヒトの旧運河に出現したリートフェルトの椅子

ダッチ・デザインの源流

レンブラントやゴッホの名画鑑賞などは、今ではアムステルダム観光の定番になっています。オランダでは著名画家や名画と共にデザインが世界的に有名で、日本でも度々「ダッチ・デザイン展」が開催されていますよね。世界的にその名を知らしめたダッチ・デザインの源流は「デ・ステイル派」から伺うことができます。デ・ステイルとは1910年代頃に展開された芸術運動で、理念はモンドリアンが主張した新造形主義に基づき、絵画から建築、インダストリアル・デザインなど幅広いジャンルに及びます。

 

世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸 世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸

モンドリアンとリートフェルト

デ・ステイル派の主なメンバーは、ピエト・モンドリアン(後日脱退)、テオ・ファン・ドースブルフ、ヘリット・リートフェルト、バート・ファン・デル・レックなどが挙げられます。デ・ステイルの代表的な作品に、絵画ではモンドリアンの「赤・青・黄のコンポジション」が挙げられます。赤・青・黄という三原色を使用し黒のアウトラインで平面構成されたコンポジションは見覚えがある方も多いと思います。建築では世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸が、デ・ステイルの代表建築と言われています。ドースブルフは1917年に雑誌『デ・ステイル』を創刊。そう、2017年はデ・ステイル創刊100周年の年になるのです。そのため今年はユトレヒト地域を中心としたオランダ各都市の美術館で、デ・ステイル100周年記念展が行われています。

 

イベントのコラボカフェではモンドリアンケーキが楽しめる イベントのコラボカフェではモンドリアンケーキが楽しめる

デ・ステイル100周年

ちなみにデ・ステイルの代表的なアーティスト達の出身地がユトレヒト地域に集中しているのも実に興味深いことです。デ・ステイル100周年記念イベントが、ユトレヒト市メインで開催されているのはそのためです。
デ・ステイルは現代アートにも強い影響を与えて続けています。ディック・ブルーナの「ミッフィー」やイヴ・サン=ローランの「モンドリアン・ルック」もデ・ステイルの影響を受けていることは有名です。絵本「うさこちゃん びじゅつかんへいく」の中にも、「うさこちゃん」ことミッフィーがモンドリアン風の絵画を鑑賞するシーンが出てきますよね。

 

ユトレヒトのシネマ・コンプレックス前にもリートフェルトの椅子が出現 ユトレヒトのシネマ・コンプレックス前にもリートフェルトの椅子が出現

ミッフィーもデ・ステイルの影響

またオランダでは、赤・青・黄の三色に黒のアウトラインというモンドリアン形式を取り入れた建造物やエクステリアをよく見かけます。デ・ステイルの配色構成が現代のオランダにも自然に根付いており、しかもこのスタイリッシュな構成が100年前に考案されたもの、というのは実に感慨深いものです。100周年という特別な年に、各美術館で行われる特設展、または世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸やモンドリアン・ハウスなどを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

モンドリアンからダッチ・デザインまで。デ・ステイル100周年

期間: 2017年
開催地: オランダ各地
詳細: 全国規模でデ・ステイルに関する特設展が行われているため、詳細は各地公式サイトにて
ユトレヒト、アメルスフォールト:
http://www.destijlutrechtamersfoort.nl/en
デン・ハーグ:
https://denhaag.com/en/mondrian
ヘルダーラント:
http://www.geldersestreken.nl/mondriaan-tot-dutch-design
ライデン:
https://www.visitleiden.nl/en/discover-leiden/specials/de-stijl
北ブラバント:
https://www.visitbrabant.nl/en/things-to-do/mondriaan-to-dutch-design
北ホラント:
https://www.museumdrachten.nl/en/exhibitions/verwacht/

 

主要施設の一例。世界遺産・リートフェルト設計のシュレーテル邸

所在地: Prins Hendriklaan 50 3583 EP Utrecht
行き方: ユトレヒト中央駅からバス8番"De Hoogstraat"下車後徒歩5分。
開館時間: 火曜から日曜、午前11時から午後五時。ツアー制。
ツアー開始時間: 午前11時、12時、午後2時、3時、4時
日本語オーディオツアー有。
価格: 15.5ユーロ
シーズン中はネット予約推奨
http://centraalmuseum.nl/en/visit/locations/rietveld-schroder-house/visitor-information/

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/07)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ユトレヒトツアー


最安料金万円


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事