キング・オブ・フィヨルド

スカンジナビア半島の長い海岸線を持つ国ノルウェーの絶景大自然といえばフィヨルドですね。約100万年前の氷河が、気の遠くなるような長い時間をかけて谷底を削りながら海に流れ出したあと、氷河が削ってできたU字谷に海水が入りこんでできた複雑な海岸線です。世界のあちこちにフィヨルドはありますが、ノルウェーのそれはスケールの大きさと美しさにおいて世界一といってもいいでしょう。雄大で迫力のある景観はまさに絶景としか言いようがないのですが、絶景という言葉が陳腐に感じられてしまいます。圧倒的な自然の威容を前にひれ伏したくなります。

フィヨルドの絶景を楽しむ。ノルウェーの旅の穴場スポット教えます フィヨルドの絶景を楽しむ。ノルウェーの旅の穴場スポット教えます

登山鉄道とフィヨルドクルーズと絶景ホテル

世界一長いソグネフィヨルドの最奥部で枝分かれした先端部分にある、アウルランフィヨルドとネーロイフィヨルドのクルーズは、オスロから列車を乗り継いだフロムからスタートします。フロムまでは鉄道ファン垂涎の登山鉄道「フロム鉄道」に乗れるのがポイント。約2時間のクルーズで雄大なフィヨルドや美しい滝の景観を満喫してグドヴァンゲンで下船し、ここからバスと鉄道でベルゲンに向かいます。ベルゲンに直行してもいいのですが、スタルハイム渓谷の頂上にあるスタルハイムホテルでバスを下車して1泊するのが超おすすめです。このホテルからの渓谷の眺めがまた素晴らしい絶景で、渓谷美を楽しみながらハイキングも楽しめます。

ドライブに最適なロフォーテン諸島

ノルウェーの北部、北極圏に位置するロフォーテン諸島は、氷河によって削られた島々です。ここはフィヨルドを楽しむ穴場的ポイントで、漁村の風景と海から屹立する山々、雄大な谷の風景が同時に楽しめてしまう「海に浮かぶアルプス」なのです。公共バスは本数が少ないので、おすすめはレンタカーでのドライブです。カーブを曲がりこむたびに現れる絶景が、どこまでもひたすら続きます。また、漁村の伝統的な猟師小屋「ロルブー」に泊まれるのもこの島での楽しみのひとつ。島はタラ漁が盛んで、干しダラを作る棚が海沿いに並びます。

冬の沿岸急行船の絶景クルーズ&オーロラ鑑賞

ベルゲンからヨーロッパ最北端の岬ノールカップをまわり込んで、ロシア国境からわずか7kmのヒルケネスまでを結ぶ沿岸急行船は、夏の間フィヨルドの絶景を求める観光客で賑わいます、しかし意外な穴場と言えるのが、オーロラとフィヨルドを楽しめる贅沢な冬のクルーズです。雪をいただいた冬の山々は、夏の風景とはまた違った厳しい美しさに満ちていて、運がよければ船上からオーロラを見ることができるかもしれません。私はトロムソから1泊だけ乗り、翌日ロフォーテン諸島のスヴォルヴァーで降りましたが、冬のフィヨルドとロフォーテンの風景に大満足でした。オーロラは…(泣)