ロルブーに泊まろう!

ロフォーテン諸島にはユニークな宿泊施設「ロルブー(漁師小屋)」が点在しています。ロルブーとは、かつて冬のタラ漁のシーズンにこの島に集まってきた漁師たちが、漁の間滞在していた小屋のことです。今でも漁が始まるとロルブーを利用する漁師たちもいますが、現在ではほとんどが観光客用の宿泊施設として改装されています。安くて設備も良く清潔で、キッチンと調理用品、シャワー、トイレが完備され、コテージの別荘に滞在しているような気分が味わえます。海べりの岩の上に建つロルブーに泊まってフィヨルドの絶景をいつまでも眺めるなんて、この上もなく贅沢な時間ですね。

フィヨルドの島をレンタカーでドライブ!【ノルウェー・ロフォーテン諸島 その2】 フィヨルドの島をレンタカーでドライブ!【ノルウェー・ロフォーテン諸島 その2】

ロフォーテン名物干しダラを使った料理「バカラオ」

大型スーパーはスヴォルヴァーなど大きな町にしかありません。その他の町や集落にはよろず雑貨屋のような店しかないので、ある程度必要なものはスヴォルヴァーで揃えておくといいでしょう。スーパーや雑貨屋は日曜・祝日は営業していないので、ロルブーに泊まって自炊する際は要注意です。レストランで一度は試したいのがロフォーテン諸島の名物干しダラを使った料理。私がはまったのは「バカラオ」という干しダラとじゃが芋のトマト煮込みでした。“バカラオ”はスペイン語でまさに「タラ」のことで、ロフォーテン諸島の干しダラがスペインに輸出されていた歴史がこの料理の名前に残ったのだそうです。

本物のアルプスを凌ぐ絶景の連続

スヴォルヴァーから西端の町「オー」を目指すドライブの旅。ロフォーテン諸島の美しさは「海上のアルプス」と称さるほどですが、入り江をひとつ回り込むたびに次々に現れる絶景の連続度は、本物のアルプスを凌ぐといっても過言ではありません。海のすぐ後ろに山が迫り、尖った山の連なりが海に映る風景の美しさには言葉を失います。デンマークのフェロー諸島の景観と異なるのは、急峻な険しい山が続き、フィヨルドの谷が奥のほうまで幾重にも見えることでしょうか。どこを走っても絶景ばかりですが、とりわけて素晴らしかったのは最も西の島モスケネス島のレイネからオーまでの風景でした。

トップオブ絶景はモスケネス島レイネ

レイネはロフォーテン諸島でも特に美しい町として知られています。レイネから発着しているレイネフィヨルドクルーズは、約1時間でレイネフィヨルドを周遊するクルーズで、ロフォーテンでイチオシのエクスカーションです。様々な形をした峰々はまさに自然の芸術で、海から見ているとは信じられない山岳的な風景を堪能できます。一日に何便かあるので、途中で下船して次の船が来るまでの間ハイキングに出かけてもいいでしょう。このクルーズのためにロフォーテン諸島を訪れてもいいくらい満足度の高いクルーズです。ロフォーテン諸島に行ったら、みなさん是非是非参加してくださいね!