グダニスクからの日帰り旅行にピッタリ

ポーランド北部のグダニスクは、素敵な港町で町歩きが楽しいところです。ここに数日滞在するのでしたら、日帰りで是非訪れたい世界遺産があります。それは、「マルボルクのドイツ騎士団の城」です。グダニスクからは、列車に乗って日帰り可能な距離にありますが、列車の本数が少ないので、あらかじめ調べておいたほうがいいですよ。また、最寄の駅に着いてから、目当ての城まで少し歩く必要がありますが、もし道がわからないようなことがあれば、地元の人に聞きましょう。ことばが通じなくてもガイドブックのマルボルク城の写真を見せたらわかってもらえますし、地元の人でこの城を知らない人はいません。なにより、ポーランドの人々は親切です。

ポーランドの世界遺産、マルボルクのドイツ騎士団の城 ポーランドの世界遺産、マルボルクのドイツ騎士団の城

巨大なマルボルクのドイツ騎士団の城

マルボルクのドイツ騎士団の城は、近くまでくるとその巨大さにびっくり。行けども行けども城壁が続きます。チケット売り場の近くにイヤホンガイド(英語)の貸出がありますが、これを借りるためにはパスポートなど身分証明書を預けなくてはなりません。無理に借りなくても、城内の案内がついているガイドブックを持っていれば十分です。まずは、1階部分から見学することになりますが、見どころは2階にありますので、1階の琥珀のコレクション等の博物館エリアをまわっただけで、そのまま帰らないでくださいね!

美しいフレスコ画の色も鮮やかに残っています

この巨大な城は、もともと13世紀にできたといわれています。増築を繰り返して、今の姿になたのだとか。中世の時代を、そのまま伝えていて、きれいなフレスコ画も残っています。特に、2階の回廊のフレスコ画が色も鮮やかに残っていてステキですよ。また、城内の聖母マリア教会は、通常鍵がかかっています。ですが、係員に言えば開けてもらえます。もし係員がそばにいないときは、少し回廊を歩いてみてください。近くでポーランド語でおしゃべりをしている声が聞こえます。声の主が係員ですから、教会の鍵を開けてほしいとお願いしましょう。それから、城内にあるレストランもエレガントですから、ぜひ行ってみてくださいね。