サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とは?

サンティアゴ巡礼をご存じですか? スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラには、立派なカテドラルがあり聖ヤコブがお祀りされています。そのカテドラルまでゆく巡礼のことです。最近は、日本でも知られるようになり、日本人の巡礼者も増えてきました。そのサンティアゴ巡礼の道は、いくつもあり、一番有名なものは「フランス人の道」と呼ばれているレオンなどといったスペイン北部の町を通るルートです。巡礼は、馬や自転車でも認められていますが、基本は徒歩です。わかりやすい道ならいいのですが、そうでないところも。そんなときは、各地に設置されている道しるべが頼りになります。

シャファルニアで見かけたサンティアゴ巡礼の道しるべ シャファルニアで見かけたサンティアゴ巡礼の道しるべ

ショパンゆかりの田舎町、シャファルニア

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼は、スペインだけではありません。隣国のポルトガルやフランスから歩く人もいます。そして、スペインから遠く離れたポーランドでも巡礼道があるのです。ポーランドの古都トルンから車で一時間くらい北東へいったところで、サンティアゴ巡礼の道しるべを発見し仰天しました。まさしく、スペインの巡礼道でみかけるホタテをかたどった道しるべです。そこは、ショパンゆかりのシャファルニアという田舎町でした。ショパンが滞在した建物は残念ながら、もうないのですが、近くの建物がショパン館として公開されています。トルンからもバスで行けますよ。ショパンのファンの方はぜひお越しください。

サンティアゴ巡礼の道しるべはグダニスクにも サンティアゴ巡礼の道しるべはグダニスクにも

ポーランド北部の港町、グダニスクでも発見

ポーランドの北部にある港町、グダニスクの橋の上でも、サンティアゴ巡礼の道しるべがありました。他の表示に混じってはいるものの、まさしく本物の道しるべです。地元の方に尋ねると、ポーランドのいたるところに巡礼の道があるそうなのですが、残念ながらそれほどメジャーではないようです。ポーランドは、ヨハネ・パウロ二世の出身国ですし、カトリック信仰が強い国です。道しるべが現役だということは、実際にポーランド国内でも巡礼をする方がいらっしゃるということです。ポーランドからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでは、ずいぶん遠いですが、この国にも巡礼がいるのだと感激してしまいました。ポーランドに行ったら、ぜひサンティアゴ巡礼の道しるべを探してみてくださいね。