page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ポーランドの世界遺産・名所ガイド

Wooden Churches of Southern Little Poland

南部小ポーランドの木造教会群

名称:南部小ポーランドの木造教会群(ポーランド
英語名称:Wooden Churches of Southern Little Poland
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2003年

南部小ポーランドの木造教会群

ポーランド南部、小ポーランドと呼ばれる地域に点在する木造教会。そのうち9件が、2003年に世界遺産に登録された。うち7件は15世紀後半〜16世紀、2件は18世紀に建造された。当時の教会は、宗教的意味合い以上に、土地の有力者や貴族の権力の象徴、ステータスとして建築されたという背景が、彼らの寄進によって装飾された内装によく表れている。中世当時の教会建築の様相を伝えているという点以外にも、土地の伝統的な木造建築を採用していることに、評価の理由がある。「郷に入っては、郷に従え」という言葉があるように、土地の伝統やオリジナリティーの素晴らしさを、改めて感じさせてくれる世界遺産だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ポーランドの世界遺産最新情報

2018/04/30 世界遺産

「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」は人類の過ちを見る世界遺産です(その5)

ポーランド旅行イメージ-ビルケナウの敷地は広大です ビルケナウの敷地は広大です

「『アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所』は人類の狂気を見る世界遺産です」その4からの続きです。第二収容所正門の引き込み線は、なぜ、かくも人の心に忘れられない印象を刻み付けるのでしょう。貨物列車に荷物同然に詰め込まれ、この線路の上を運ばれていった9万人もの人々。終点に着くや否や軍医の選別を受け、「価値なし」とされた人はガス室へ直行させられました(約7割が「価値なし」でした)。「価値なし」の人間を生かしておくなど、時間も場所も無駄だからです。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ポーランドの世界遺産「南部小ポーランドの木造教会群」についてご紹介します。南部小ポーランドの木造教会群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。