世界遺産「南部小ポーランドの木造教会群(ポーランドの木造聖堂群)」の詳細情報

ポーランドの世界遺産・名所ガイド

Wooden Churches of Southern Little Poland

南部小ポーランドの木造教会群

名称:南部小ポーランドの木造教会群(ポーランド
英語名称:Wooden Churches of Southern Little Poland
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2003年

南部小ポーランドの木造教会群

ポーランド南部、小ポーランドと呼ばれる地域に点在する木造教会。そのうち9件が、2003年に世界遺産に登録された。うち7件は15世紀後半〜16世紀、2件は18世紀に建造された。当時の教会は、宗教的意味合い以上に、土地の有力者や貴族の権力の象徴、ステータスとして建築されたという背景が、彼らの寄進によって装飾された内装によく表れている。中世当時の教会建築の様相を伝えているという点以外にも、土地の伝統的な木造建築を採用していることに、評価の理由がある。「郷に入っては、郷に従え」という言葉があるように、土地の伝統やオリジナリティーの素晴らしさを、改めて感じさせてくれる世界遺産だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ポーランドの世界遺産最新情報

2017/05/23 世界遺産

世界遺産・ポーランドの「カルヴァリア・ゼブジトフスカ」に見る2つの魅力とは(後編)

ポーランド旅行イメージ-美しい装飾を見上げていると、時間の経つのを忘れそう…… 美しい装飾を見上げていると、時間の経つのを忘れそう……

「カルヴァリア・ゼブジトフスカ 前編」からの続きです。まずはメインの建物である、大修道院に入ってみましょう。門の前には、第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の像が立っています。ヨハネ・パウロ2世の出身地ヴァドヴィツェに近いこともあり、教皇は生前、この地を頻繁に訪れていたそうです。右手を天に向けた教皇の銅像と大修道院はとても美しい取り合わせで、格好の撮影ポイントですよ。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ポーランドの世界遺産「南部小ポーランドの木造教会群」についてご紹介します。南部小ポーランドの木造教会群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。