page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ポーランドにある世界遺産の銀鉱跡を探検しよう。タルノフスキェ・グリ


掲載日:2019/03/20 テーマ:世界遺産 行き先: ポーランド / カトヴィツェ

タグ: おもしろい たのしい 一度は行きたい 世界遺産 歴史


地下にある世界遺産はヴィエリチカ岩塩鉱だけではありません

ガイドの先導で地下道を歩く ガイドの先導で地下道を歩く

ポーランドにあるユネスコ世界遺産では、ヴィエリチカ岩塩坑が有名ですね。クラクフからの日帰りのエクスカーションにもぴったりの立地ということもあり、世界中の旅行者に人気です。ですが、ポーランドの地下にある世界遺産は、ヴィエリチカ岩塩坑だけではありません。2017年に世界遺産に登録されたばかりの「タルノフスキェ・グリの銀・鉛・亜鉛鉱と地下水管理システム」も是非お勧めしたいところです。タルノフスキェ・グリはカトヴィツェの北に位置しています。クラクフからは北西へ車で1時間半程度ですから、クラクフからの日帰りのエクスカーションも可能なんですよ。まだそれほど有名ではないので、繁忙期のヴィエリチカ岩塩坑のような混雑はありません。

見学ルートも完備。内部見学はガイドツアー形式で

見学ルートの入口となる建物 見学ルートの入口となる建物

世界遺産に登録されてからまだ日は浅いのですが、タルノフスキェ・グリでは観光客の受け入れをしており、見学ルートの整備もされています。内部はガイドツアー形式でまわることになりますが、一部地面が濡れている場所があるので、防水の靴を用意すること。また夏場は地下は冷えるので、防寒具を忘れずに! さて、ツアーが開始になると、ヘルメットをかぶり、ガイドさんについていきます。ヘルメットはしっかりかぶってくださいね。途中、体をかがめて歩かなくていけないところもあり、頭をぶつけたら大変ですから。

途中、水路をボートで渡ります

薄暗い通路を歩いていきます 薄暗い通路を歩いていきます

見学ルートでは、ガイドさんがどうやって鉱物を採掘していたかなど、歴史について話してくれます。残念ながら、いまのところ日本語対応のガイドさんはいませんが、英語で説明してくれます。ガイドさんの英語は聞き取りやすいのでご安心を! そして、このツアーのハイライトはボートでの水路下りです。実際に使われていた水路を細長いボートに乗って移動します。暗闇の中で水の音が聞こえ、ちょっとした冒険気分を味わえます。タルノフスキェ・グリはまだそれほど知られていないので、早めにお越しになるとよいと思います。数年したら、ヴィエリチカ岩塩坑のように大混雑するようになると思いますよ!

●タルノフスキェ・グリHP(英語あり)
https://kopalniasrebra.pl/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/20)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索