page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

クラクフグルメガイド

クラクフのグルメ・伝統料理

ポーランドには周辺諸国の影響を受けた料理が多い。ジャガイモやキャベツ、ソーセージなど肉を使ったものが多く、脂分が多く薄味で、かつ酸味を好むのが特徴。代表的なポーランドグルメは、ポーランド風餃子のピエロギ、キャベツと肉の煮込みであるビゴス、またジューレックをはじめとするスープ料理など。なお、クラクフの名物とされるのは、ワシャンキと呼ばれるリング状のパン。ポーランド人にとって食事は家でとるもので外食はほとんどしないが、クラクフは観光都市であるためレストランも多い。(2015年編集部調べ)


クラクフのレストラン・屋台

古い街並みが世界遺産に登録され、観光客が多く訪れる古都クラクフには、ポーランド料理や西洋料理などさまざまな種類のレストランがあり、ポーランドで最も食を楽しめる街のひとつとなっている。レストランが多いのは町の中心部にある中央市場広場周辺だが、比較的値段が高い。一方、中心部から外れると、手ごろな料金で食事ができる。なお、ポーランド式のカフェをバル・ムレチュニ(ミルクバーの意味)と呼ぶが、こうした店では安価だが手間のかかったポーランド料理が食べられる。

クラクフの水・お酒

クラクフの水道水はそのままでは飲用に適していない。煮沸して飲んだり料理に使ったりするか、またはミネラルウォーターを購入する。ミネラルウォーターは炭酸入り(ガゾヴァナ)のものが多いので、苦手ならば炭酸なし(ニェガゾヴァナ)と言って買うとよい。お酒はスピタリスと呼ばれるポーランド産のウォッカが、95〜96度ものアルコール度数をもつことで知られる。また、蜂蜜を原料とする醸造酒のミュト・ピトヌィは、爽やかな甘さがあり人気。


現地ガイド発!クラクフのグルメ・料理最新情報

2020/01/24 グルメ

ポーランドの古都クラクフで人気のユダヤ人街、カジミエシュ地区/おすすめグルメスポットを紹介

クラクフ旅行イメージ-カジミエシュで人気のピザパン「ザピエカンカ」をテイクアウトしてみよう カジミエシュで人気のピザパン「ザピエカンカ」をテイクアウトしてみよう

ポーランドの第2の都市クラクフは、11世紀から16世紀までポーランドの都として栄えた古都。その旧市街は世界遺産にも登録され、多くの観光客を集めています。その旧市街から南東1kmほどにあるカジミエシュ地区は、第二次世界大戦まではユダヤ人地区でしたが、近年は再開発が進み、レストランやバー、ショップ、ホテルなどが並ぶおしゃれスポットとして人気を集めています。その歴史や見どころについては、別記事「カジミエシュ地区/その歴史を知る」「シナゴーグなどの見どころを歩く」にあげていますが、今回は飲食のおすすめスポットを紹介しますね。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


クラクフグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるクラクフの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
クラクフのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!