page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

もっちり、ジューシー。ポーランドでは、美味しいピエロギをいただきましょう!


掲載日:2018/02/23 テーマ:グルメ 行き先: ポーランド / クラクフ

タグ: おいしい グルメ レストラン 名物


ポーランド版の水餃子。でも、やっぱり違います

もっちり、もちもちのピエロギ もっちり、もちもちのピエロギ

ポーランドはヨーロッパの国々の中でも、アジアに近いのだなぁ、と思うのはピエロギを頂いたとき。ピエロギは日本でおなじみの餃子にそっくりです。それも、水餃子。餃子はもともと中国あたりの食べ物だといわれていますが、餃子に似たものがあるとは、ポーランドがアジアに近いという証拠でもあるのでしょう。もっとも、ピエロギは餃子にあらず。ピエロギはピエロギなのです。

餃子とは皮がちがうのです。もっちりがポイント

ピエロギと餃子の違いは、まず皮です。餃子の皮は、薄くてすぐ火が通るようになっていますね。ですが、ポーランドのピエロギの皮はもっとぶあついのです。お団子を平たくしたものといえば、わかりやすいでしょうか。小麦粉と水を混ぜてこねて耳たぶくらいの固さにします。それを丸く型抜きして皮をつくります。皮の中にいれる具も餃子と異なります。スタンダードにお肉入り、キノコ入りもありますし、じゃがいもやチーズが入ったものもありますよ! そして、ピエロギにソースをかけていただきます。そのソースもいろいろ。タマネギ入りのバターソースやベーコン入りのソースなどなど。

クラクフではピエロギ祭りも

ピエロギは中にはいる具もいろいろ、ソースもいろいろ。いろいろな味が楽しめます。できたら、レストランに行くときは複数で行って、シェアをするといいですね。わいわいと、様々に種類のピエロギを頂けますよ。また、毎年8月に、クラクフでピエロギ祭りがあります。ピエロギはポーランドの国民食のような位置づけで、現地の人も大好き! 例年、盛況です。いろいろなお店のピエロギを食べ比べできます。オーソドックスにピエロギはもちろん、エスニック風の変わりピエロギもよく登場しちゃいます。もちろん、ピエロギ祭りでなくても、ポーランド国内のレストランでピエロギは気軽にいただけます。ぜひ、試してみてくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/02/23)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索