どこでもフリーWi-Fiをつかまえられるわけじゃないから……

海外でもスマホで自由にネットをつなぎたい、というのは今や常識ですが、フリーWi-Fiスポットを探してさまようより、SIMカードを買う方が、日本と同じ感覚で旅ができますよね。旅先でSIMカードを買うという、ちょっとした非日常的な行為も楽しめます。私は今年(2016年)、香港とポーランドでSIMカードを買って使ってみました。香港では簡単にできましたが、ポーランドでは意外と苦労したので、ポーランドでSIMを使ってみたい方のため、苦労話を中心にレポートしましょう。

私がSIMカードを購入した「PLAY」のショップ 私がSIMカードを購入した「PLAY」のショップ

SIMロック解除が第一歩

まずはSIMフリーのスマホを用意するのが前提です。お手持ちのスマホがSIMロック解除できるタイプのものなら、あらかじめしておきましょう。私はキャリアのホームページを見ながら自力で解除しましたが、これがわかりづらくて、なかなか一仕事なのです。自分でするのが面倒な人は、ショップで3000円ほどの手数料を払うと解除してくれますよ。SIMフリーのスマホは、レンタルもしくは現地で安く買ってしまうのもいいですね。

こちらは「T-Mobile」のショップ こちらは「T-Mobile」のショップ

購入への長い道のりスタート

ポーランドで売られていた代表的なSIMカードは、「plus」「Orange」「PLAY」「T-Mobile」の4社。ネット情報では、「どこでも簡単に入手可能」という記事が目立ちましたが、予想外に、簡単には買えませんでした……というのも、SIMカードが売られているコンビニなどに飛び込んでも、そこではアクティベートのための個人情報の入力などができないからです。旅行者は、正規のキャリアショップへ行ってやってもらいましょう(ちなみに、私も英語が苦手ですが、一般的なポーランド人の英会話能力もさほど高くないので、ここまで理解するのに一汗かきます!)。

こちらは「Orange」のショップ こちらは「Orange」のショップ

物価の安いポーランド、それにしても安い!

私は、クラクフの大型ショッピングモールへ行き、そこで「PLAY」の正規ショップに入ってみました。ここはプリペイドSIMが売られていたからです。他社のものは、比べていないのでわかりませんが、プリペイドではなく、買ったらすぐにチャージしないといけないものがあるようです。これは旅行の日数やスタイルによって変わると思いますが、短期旅行であれば最も安価な5ズオティ(2016年現在、約133円)のプリペイドで十分でしょう。1GB、4G/LTEです。SIMカードは、ほんの数年の間にもどんどん値下がりしているようでした。(後編に続く)

こちらは「plus」のショップ。写真はすべてクラクフのショッピングモール「ガレリア・クラコフスカ」にて こちらは「plus」のショップ。写真はすべてクラクフのショッピングモール「ガレリア・クラコフスカ」にて