京都のような立ち位置の町クラクフ

ポーランドの現在の首都はワルシャワですが、かつての都はクラクフにありました。クラクフは、ちょうど日本の京都のような立ち位置の町です。幸いなことに、第二次世界大戦の戦火を免れたところも京都にそっくりです。そのため、旧市街地域には、中世そのままの街並みが残っていて、クラクフを歩いているとちょっとしたタイムスリップ感覚が味わえます。もっとも、建物の内部は現代風の洒落たカフェやショップが入っているので、そっくり中世そのままというわけではありません。それでも、古い石造りの建物は素敵です。なおクラクフ歴史地区は、1978年に世界遺産に登録されているのですよ。世界遺産はこの年から登録が始まっていて、クラクフはガラパゴス諸島などと並ぶ世界遺産第一号です。

ポーランドの京都、クラクフを歩こう! ポーランドの京都、クラクフを歩こう!

ヴァヴェル城のホームページは要チェック

クラクフの旧市街地域は、徒歩で十分まわれます。できたら、時間をかけてゆっくり歩きたいですね。ですが、まずはヴァヴェル城に行くことをオススメします。なぜならば、内部見学ができる時間が限られているからです。王宮内部は、月曜はお休みですので気をつけてくださいね。それに夏場は午後3時45分まで、冬場は午後2時45分までしかチケット窓口が開いていません。ヴァヴェル城はホームページを持っていますので、あらかじめ入場できる時間を確認しておくといいですよ。また、有名なダビンチの絵画「白貂を抱く貴婦人」は、現在ヴァヴェル城にあります。もしかして、今後移動するかもしれないので、この情報もヴァヴェル城のホームページでチェックしておきましょう。

クラクフを歩こう

ヴァヴェル城をみたら、クラクフの中央広場に行きましょう。クリスマス前には、クリスマスマーケットがでて、夏場はカフェがテラスをだします。この広場はクラクフっ子たちの待ち合わせ場所でもあるので、いつもにぎやかです。そして中央広場にいるとなにやらラッパの音が。1時間ごとに、広場の一角にある聖マリア教会の塔からラッパが吹かれるのです。もちろん生演奏です。13世紀のときのタタール人の襲撃を知らせるラッパが起源だそうです。また、中央広場付近からは少し歩きますが、カジミエシュ地区はかつてのユダヤ人街です。最近は、このあたりはお洒落スポットになっています。素敵なレストランやカフェを探しに、ぜひ行ってみてくださいね。