page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ポーランドの世界遺産/クラクフ歴史地区にあるヴァヴェル城。ヴァヴェル大聖堂とチケット購入について


クラクフ観光のハイライトとなる城

ヴァヴェル城の中庭。奥に見えるのがヴァヴェル大聖堂 ヴァヴェル城の中庭。奥に見えるのがヴァヴェル大聖堂

ポーランド第2の都市で、観光客に人気の高い古都クラクフ。その「歴史地区」は世界遺産にも登録されています。世界遺産の建物のひとつであるヴァヴェル城は、旧市街観光のハイライトと言ってもいいでしょう。この城の歴史や、城内にある「旧王宮」「竜の洞窟」については、別記事の「クラクフ歴史地区にあるヴァヴェル城。その歴史と竜の洞窟、旧王宮について」に書いたので、今回は城内にあるもうひとつの見どころ「ヴァヴェル大聖堂」と、チケットの買い方のコツなどをお教えします。

歴代国王の戴冠式が行われた大聖堂

ポーランド王国の都がクラクフに置かれていたのは、14世紀から17世紀初頭のワルシャワ遷都までの間。しかしワルシャワに都が移った後も、しばらくはこのヴァヴェル城内のヴァヴェル大聖堂で戴冠式が行われていました。またこの聖堂は、歴代の国王の墓所もあるという由緒あるものです。例えば、ジグムント礼拝堂には国王ジグムント1世と2世の墓があります。大聖堂だけなら入場は無料ですが、内部の大聖堂ホール、ジグムント塔、王族墓所、大聖堂博物館に入るのは有料になります。

入場制限があり、夏場は混んでいる旧王宮

私がヴァヴェル城に行ったのは、観光シーズン真っ盛りの6月末から7月中旬にかけてでした。ヴァヴェル城の敷地内は無料ですが、旧王宮やヴァヴェル大聖堂内の有料エリアは入場券が必要です。しかも1日の販売枚数が決まっており、混みあっている日だと午後早くには売り切れてしまうことがあるそうです。私が行った日もチケット窓口には長い列ができており、初日は買うのは諦めてしまったほどです。

チケット購入はどこに並ぶのがいい?

旧市街から歩いてくると、城に入る坂道にもチケットブースがあるが、こちらは混んでいる 旧市街から歩いてくると、城に入る坂道にもチケットブースがあるが、こちらは混んでいる

旧王宮と竜の洞窟の入場券は中庭に面したビジターセンター内の窓口で販売しており、クレジットカードも使えます。夏期の繁忙期のみ、旧市街から入城する坂道の途中にあるブースでも販売していますが、こちらも長蛇の列。並んでいる列の長さは一見、どちらも同じぐらい見えますが、坂道にある方は窓口がひとつなのに対し、ビジターセンターの方は窓口が3つあるので、進みは断然こちらの方が早いです。それでも私は昼ごろ行ったら、購入に30〜40分かかりました。大聖堂の有料エリアの入場券はそれらではなく、大聖堂の向かいの小さな建物内で販売しています。

インターネット購入はなし

欧州では混雑回避のためにインターネット購入ができる見どころも多いのですが、ヴァヴェル城に関しては2020年1月現在、ネット購入はまだできません。なのでやはり早く行って並ぶしかないようです。ビジターセンターの方は残りの枚数が電光掲示板に出ており、それを見て並んだ方がいいかもしれません。また竜の洞窟だけなら、洞窟入り口(城壁の上)に専用の券売機があるので、こちらで買って入城するといいでしょう(ここはたいして並んでいません)。竜の洞窟の出口は、城壁の下、ヴィスワ川沿いの公園になります。時々火を吹く竜の像が出口付近に建っています。

ヴァヴェル城の空いているトイレ

いかがでしたか?今回はクラクフのヴァヴェル城のチケット買い方と、ヴァヴェル大聖堂について紹介してみました。あと、知っておくといいのはトイレの位置ですね。チケット窓口のそばの女子トイレは、私が行った夏はいつも列ができていました。しかし同じ建物ですが、向かって左側の方にあるトイレはいつも空いていました。覚えておくといいですよ。城内にはほかにも飲み物や食べ物の売店もあります。それでは、楽しんできてくださいね!

●取材協力 :ポーランド政府観光局/LOTポーランド航空

DATA

●ヴァヴェル城
[URL] wawel.krakow.pl/en/
[開館時間]11〜2月6:00〜17:00、3・10月6:00〜18:00、4・9月6:00〜19:00、5・8月6:00〜20:00、6・7月6:00〜21:00
[休館]1/1、イースターの土日、11/1、11/11、12/24、12/25、11〜3月の月曜は展示のみ休み
●ヴァヴェル大聖堂
[開]4〜10月の9:00〜17:00(日は12:30〜)、11〜3月の9:00〜16:00(日は12:30〜)
[休]大聖堂博物館は日曜、他は無休
[料金] 大聖堂は無料、有料エリアは12ズウォティ(約350円)

※この情報は2020年1月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください。

※1ズウォティ=約29円(2020年1月現在)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索